木村拓哉、マック新CMのバーガーキムタク持ちに失笑「滑稽」「イラつく」「衛生面」の画像1
木村拓哉

 主演する連続テレビドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系、6~7月放送)の最終回が平均視聴率(世帯)16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録するなど、いまだに高い人気を誇る木村拓哉。好評を博した今年の新春SPドラマ『教場』(フジテレビ系)の第2弾が、来年1月に2夜連続で放送されることが決まるなど、“テレビドラマのキムタク頼み”の風潮は健在だ。

 そんな木村人気にあやかろうと、企業もこぞって木村をCMキャラクターに起用。現在も日産自動車やメンズスキンケアブランドのバルクオムのCMに出演しているが、今年に入り木村が出演する日本マクドナルドのCMの放映が始まり、世間を驚かせた。

「木村はこれまで、トヨタ自動車やサントリーなど、いわゆる“ナショナルクライアント”のCM出演が多く、所属するジャニーズ事務所は木村の“箔”に見合う企業を選んでいたという印象がありました。もちろんマクドナルドは誰もが知る大企業ですが、低価格が売りのファストフードチェーンということもあり、これまでであれば事務所も出演には二の足を踏んでいた可能性もあるのではないかとも思われます。実際に、CMを見て“あれ? キムタクがマックにCMに出ている”と驚いた視聴者は多いようですね」(テレビ局関係者)

 木村が出演するマックのCMとしては、すでに「ちょいマック 『寄り道』篇」「ちょいマック『ドライブスルーの歌』篇」「プレミアムローストコーヒー『モバコ』篇」などが放映されているが、なかでも7月から放映された「ちょいマック『ドライブスルーの歌』篇」は木村の演技がちょっとした話題にもなった。

「木村が身をよじらせたり口を尖らせたりしながら『ドライブスルーでちょいマック~。ドライブスルーでちょいマック~』と歌い、マック店舗のドライブスルーへ入っていくという内容でしたが、ネット上では好評の声も多数上がる一方、『これ見るたび、ちょっとイラッとするわ』『自分に酔ってる感がハンパない』などと辛らつな感想も少なからず出ていましたね」(週刊誌記者)

「これ、オレの持ち方なの」

 そして明日13日からは、ダブルチーズバーガー(通称:ダブチ)の「ヤベェよ、ダブチ!」シリーズ(今月21日から期間限定発売)をPRする新CM「ヤベェよ、ダブチ!『ティザー』編」の放映がスタート。事前に解禁されている情報によれば、木村は2本の指をバンズの上に乗せるユニークな持ち方を披露し、撮影中は「これ、オレの持ち方なの」と言いポーズを決める光景もみられたという。

「マックのCMではお馴じみの『タラッタッタッター』という音声の収録では、木村は自らアドリブでさまざまなヴァージョンを何テイクも繰り出し、『口笛でもいい?』と提案して披露したというエピソードが、多くのネットニュースになり伝わっています。さらに、CM放映前にもかかわらず、木村の独特なハンバーガーの持ち方が“キムタク持ち”として賛否両論の議論を起こし、一部の人からは失笑を買ってしまっているようですね」(同)

RANKING

関連記事