フワちゃんに蹴散らされた女たち…鈴木奈々、滝沢カレン、丸山桂里奈が飽きられた理由の画像1
フワちゃん FUWA (@fuwa876) · Twitter」より

 先日、ある女性タレントが久々にテレビに姿を現し、視聴者を沸かせた。鈴木奈々だ。

「鈴木は、10月8日に放送された『ロンドンハーツ3時間SP』(テレビ朝日系)の恒例企画『スポーツテスト2020』に参戦。助走をつけながら台車に乗り込み、沼が待ち受ける落下ポイントのギリギリで止まれた人を勝ちとする新種目『ギリギリ・チキンレース』に挑み、自ら泥の中に飛び込むファイティングスピリットを見せました。これで、健在ぶりをアピールできたのではないでしょうか」(芸能ライター)

 しかし、かつては見ない日はないほど活躍していた鈴木が、なぜここまで露出を減らしてしまったのだろうか?

「出身県である茨城在住の彼女は、今も在京キー局に電車通勤、もしくは帰りが遅いときは夫の運転する車で行き来していますが、コロナ禍でそれができなくなり、リモート出演が多くなってきました。しかし、東京と茨城という距離的な問題なのか通信環境が悪いこともあり、制作サイドとしてはオファーするにも心理的な制限がかかってしまったのです」(テレビ局関係者)

 また、もともと鈴木は体を張った芸風で知られる。代名詞であった『オールスター感謝祭』(TBS系)の「ヌルヌルトレジャーハンター」も、10月3日の放送では中止となってしまったように、彼女に合う仕事が自然と減ってしまったのだ。

 そんな鈴木をはじめ、多くの女性バラエティタレントが伸び悩んでいる今、すべてを蹴散らしているのがフワちゃんだ。なぜ今、彼女の1強時代がやってきているのか? 他の女性タレントの衰退とあわせて見ていこう。

フリー転身を見誤った馬場ももこアナ

 今年3月にテレビ東京を退社したことで話題となったのが、鷲見玲奈アナウンサーだ。彼女が新天地として選んだのが、セント・フォースである。

「確かに、この事務所は川田裕美や神田愛花などの売れっ子フリーアナがいることで知られていますが、どうも女子アナたちには『ここに入れば売れる』という幻想があるような気がしてなりません」(同)

 2019年4月に4年勤めたテレビ金沢を飛び出し、セント・フォースに鳴り物入りで入ったのが、馬場ももこアナだ。地方の局アナでありながら『行列のできる法律相談所』や『今夜くらべてみました』(ともに日本テレビ系)でのハイテンションキャラが受け、フリーに転身。当初は「金沢の暴れ馬」との異名で注目されたが、結局のところ呼ばれるのは故郷・新潟の『夕方ワイド新潟一番』(テレビ新潟)などで、キー局での起用は少ない。

「フリーになって人気が出る理由は、ズバリ“アナウンサーなのに”というギャップです。それでいえば、川田裕美は局アナ時代には見せなかった“スキップが下手”という一面が新鮮に映り、ブレイクしました。しかし、馬場の場合は局アナ時代から自由奔放なキャラを貫いており、フリーになってからも変化がありません。そして、フリーになったらもっと強烈なキャラはいる。完全に見誤りました」(同)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合