「スーパーマリオ3Dコレクション」に賛否両論…実際は遊びやすいナイス“リメイク”だの画像1
ニンテンドースイッチ「スーパーマリオ 3Dコレクション」(サイト「Amazon」より)

「スーパーマリオ」シリーズは、これまでも任天堂がニューハードを出すたびに過去作の移植やリメイクが行われてきた。特に今回の「スーパーマリオ3Dコレクション」の目玉となるのは、初となるゲームキューブ・Wii時代のタイトル「スーパーマリオ サンシャイン(2002年)」「スーパーマリオ ギャラクシー(2007年)」の収録だろう。同時収録の「スーパーマリオ64」に始まった、「3Dアクションマリオ」初期3作品のカップリングという点も、シリーズの歴史をたどるうえで見逃せないポイントだ。

 だが、この「スーパーマリオ3Dコレクション」、発表された際には「最新ハードに合わせてグラフィックなどをつくり直した“リメイク”になるのでは?」と期待されていたのだが……。フタを開けてみれば、グラフィックはそのまま。結果、ネットでは「この内容で6,480円+税も取るのか!」「いや、中古でもこの3本を揃えればこれぐらいかかる!」と賛否両論が繰り広げられることになった。

操作方法を見直しワイド画面に対応 これで各段にプレイ感覚が変わる?

 NINTENDO 64の「スーパーマリオ64」が発売されたのは1996年(なお実際に「スーパーマリオ3Dコレクション」に収録されているのは、1997年に発売された改良版「スーパーマリオ64振動パック対応バージョン」と思われる)。このカクカクとした「ローポリゴン」の画像が古臭いのは事実。またルイージやヨッシーが使用できたり、ミニゲームが追加されたDS移植版の要素も入っていない。一見、ただの「ベタ移植」に見えてしまう人も多いだろう。

 しかし実際に遊んでみると、Nintendo64やDSよりも格段にプレイしやすいことに気が付くハズ。「スーパーマリオ3Dコレクション」版は、操作方法がより直観的で、方向感覚も見失いにくいのだ。例えば「スーパーマリオ64」では、攻撃とそれ以外の行動に使うボタンを整理。このメリットはボス戦にも効果絶大で、「相手の背後に回り込んで攻撃」の動作が自然にこなせる。このアクションが難しくて、当時苦労した人も多いのではないだろうか?

 ゲームキューブでリリースされていた「スーパーマリオ サンシャイン」も、16:9のワイド画面に対応してブラウン管テレビから視野が広くなり、周囲の状況が的確に把握できる。「~64」のパンチやキックといったアクションから、水鉄砲を使った攻撃というシューティングゲーム要素を取り入れたのが特徴で、こちらもワイド画面の恩恵を十二分に受けることができる。特に難しすぎると評判になった「毒の川下り」や「青コイン集め」は、格段に攻略しやすくなっている印象だ。

関連記事