Zoom会議になるとセクハラ発言、ノーメイクや背景を叱責しトラブル…リモハラ問題深刻の画像1
「Getty Images」より

 終息の兆しがなかなか見えない新型コロナウイルスの脅威だが、ビジネスシーンにもリモートワークの導入・浸透という影響を及ぼしている。出社の必要なく業務ができるという効率性の高さが注目を集め、アフターコロナでもリモートワーク継続を検討している企業も多いだろう。

 しかし、あらゆる物事にトラブルは付きもの。SNSなどではリモートワーク中のハラスメント、通称「リモハラ」のトラブル事例が数多く投稿されている。リモートワークという新たなビジネススタイルと付き合っていくうえで、リモハラをしっかりと理解し、対処していかなければならない。

 そこで今回はリモハラの実態について、行政書士・社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー事務所である「きむらオフィス」代表として、数多くのコンサルティング業務を請け負ってきた木村政美氏に、その原因や解決策について聞いた。

企業側の暗中模索状態がハラスメントの芽を生む

 まず、リモハラが起こってしまうのはどのような背景があるのだろうか。

「多くの企業にとってリモートワーク導入は、決して万全を期したうえでの始動ではなかったでしょう。導入によってどんな弊害が出るのか、どんな部分を補強していかねばならないのかについて、雇用側も暗中模索のなか、いわば強制的に始まってしまった変革ともいえるのです。そしてリモートワークが準備不足で始まったため、上司側にリモハラへの意識がまだ追いついておらず、リモハラを生みやすくしているのではないでしょうか」(木村氏)

 たしかに、あっという間に広まり日常の一つになった感のあるリモートワークだが、まだまだ多くの企業が“リモートワーク初心者”といえるだろう。では、次にリモハラの実態について聞いてみよう。

「やはりパソコンを介したビデオチャットツール、有名なところだと『Zoom』などの使用時に起きることが多いようですね。例えば、常時ビデオチャットにログインするように指示され、常に監視下に置かれながら仕事をさせられたというケースがあったようです。

 ビデオチャットで会議や打ち合わせをしている際にも、“相手の生活に踏み込みすぎる”という問題が多発しています。カメラに映り込む容姿、服装、背景や、マイクを通して聞こえる声や同居人の痕跡や生活音などを言及されたり、業務上は支障がないのに否定的・威圧的に叱責されたりというケースがありますね。

関連記事