【確認中】売春防止法違反・裁判傍聴記…息子の彼女(女子高生)に援助交際を強要したセレブ美魔女の画像1
(画像はイメージです/画像はGetty Imagesより)

 東京地裁で13時30分から「児童福祉法違反売春防止法違反」の新件(第1回公判)があった。私は被告人氏名でスマホ検索してみた。息子(高校生)の交際相手(家出女子高生)に売春をさせた母親がヒットした。ちょっと珍しい事件だ。傍聴してみよう。

 東京地裁は傍聴人が非常に多い。色情事件は大人気。女性被告人の事件も大人気だ。女性被告人の色情事件とあっては、傍聴人が押し寄せ大行列になりそう。13時ちょうどに行くと、すでに6〜7人が並んでいた。この法廷の傍聴席は20席だ。間に合った。

 新型コロナウイルス感染症で非常事態宣言が出てから、東京地裁の傍聴席は約3分の2が着席不可とされた。20席の法廷は12席に「不使用」と大きく印刷された紙が貼られ、現在も続いている。今回レポートするのはそれ以前の裁判だ。

息子の交際相手である女子高生に援助交際を強要、「お前に拒否権ねーよ」

 そばの待合室で、長身の中年男性が黒スーツのお年寄りに何か説明していた。弁護人と、被告人の父親かな? その読みは当たりとあとでわかった。法廷前の行列はどんどんのびる。弁護人は父親のために特別傍聴席(要するに取置席)を申請しているのかな?

 13時20分頃にドアの施錠が解かれるや、20席の傍聴席はたちまち埋め尽くされた。座れずに去った傍聴人もいた。立ち見は許されないのだ。それから弁護人と父親が来た。特別傍聴席はない。当然ながら父親は座れず、可哀想に出て行った。

 手錠・腰縄につながれた被告人が、奥のドアから刑務官に同行されて入廷した。鮮やかな赤色のメガネをかけ、鼻すじが通って口元はきりり。ゆったり大きめのお洒落セーター。ちゃんとお化粧すれば“セレブ美熟女”だろうと思えた。しかし犯行時は生活保護を受給していたという。

 息子の交際相手である女子高生が家出して被告人らと3人で暮らすようになり、被告人の息子は自分の服などを買うため女子高生に、検察官いわく「援助交際」をさせていた。女子中高校生の売春は援助交際と呼ぶのだ。やがて息子は「疲れるしめんどくせえ」とやめてしまい、母親である被告人が受け継いだ。「援交やれよ、やれば××区の女子校で1番の金持ちになれる」「はぁ? 何言ってんの?」「てかお前に拒否権ねーよ」、そんなやり取りがあったのだそうだ。

 公訴事実の売春は2件。その“料金”に私は驚いた。1件は4万5千円、1件は6万円。破格の高額といえる。トップアイドル級の容姿だったのか。被告人が商売上手でもあったのか。とびきり個性的な検察官と弁護人との間で非常に興味深いやり取りがあったが、省略しよう。今回のレポートで是非お伝えしたいのはそこじゃないのだ。

関連記事