へずまりゅう、4度目の逮捕→実刑の可能性も…他人に迷惑をかけて知名度獲得の報いの画像1
へずまりゅう(本人のツイッターより)

迷惑系ユーチューバー”として数々の騒動を巻き起こしてきた「へずまりゅう」こと原田将大容疑者が、自身3度目となる逮捕をされたことで、いよいよ実刑をくらうことになるのではないかとの見方が広まってきた。

 同業のユーチューバーをはじめ、有名人に“凸撃”(アポなしで突然、コラボ撮影を迫ること)を行うなど、原田容疑者はたびたび騒動を起こしてきた。その様子を自身のYouTube動画で公開し、低評価が多いものの、一定のファンも得てネット上で多額のあぶく銭を稼いできた。しかし、過激さや奇抜さを売りにして知名度を上げてきたことで、違法行為に対する抵抗が麻痺したのかもしれない。

「原田容疑者は4月、東京・原宿で偽ブランド品を高額で売りつけている洋品店があるとの情報を得て、突撃する動画を公開しています。疑惑のある店で商品を購入し、偽物であることを確認したうえで、返品を迫りつつ偽ブランド品を販売していることを追及するという内容でした。その後、外国人店員ともみ合いになり、警察も介入する事態に発展し、原田容疑者本人も事情聴取を受けたようです」(芸能記者)

 その模様を『【超神回】原宿ぼったくり黒人と大乱闘に!警察が総動員出動する事態に…』と題して公開すると、その動画は数多く再生され、視聴者からは高評価を得た。

「今回、原田容疑者が逮捕された容疑を見ると、この時の成功体験を再び繰り返そうとしたのだとみられます。しかし実際には、本物のブランド品であるにもかかわらず、『これは偽物だ』などと難癖をつけて騒ぎ立てたことで、業務妨害や信用毀損などの容疑で逮捕されたのです」(同)

 原田容疑者はユーチューバーの「わたきん」こと吉本航容疑者に企画を持ちかけ、2人で5月上旬に大阪市内の洋品店を訪れた。海外ブランドのTシャツを購入した後、糸のほつれがあるとして店舗に返品を要求。その際、「返品をお願いします。偽物っぽいんですよね」とクレームをつけている。さらに「なんでぼったくってんすか」などと大声で恫喝。その様子が動画で公開されたことを知った店主が警察に被害届を出したことで、逮捕に至ったという。

“迷惑系ユーチューバー”の末路

 原田容疑者は、6月に傷害罪で警視庁に逮捕されている。不起訴処分としてすぐに釈放されたものの、7月に窃盗容疑で愛知県警に2度目の逮捕をされ、こちらは起訴されている。起訴内容は、スーパーで商品の魚の切り身を会計前に食べたというもの。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合