生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

2018年の10月以来、飛ぶ鳥を落とす勢いでシェアを拡大していくQRコード決済界の覇者「PayPay」。クレジットカード決済を導入していない小さな商店でも「PayPayだけは使える」という場所も少なくない。そんなPayPayが今度は、全国各地の自治体と次々と連携協定を結びだしている。
今回は、留まるところを知らないPayPayの快進撃ぶりをご紹介したい。

全国展開に進むPayPayのフットワークの軽さ

PayPayが全国各地の自治体と続々と連携! 行政のお墨付きでQRコード決済界に敵なしかの画像1
北海道から沖縄まで。全国各地でキャンペーンを展開していく

 沖縄県沖縄市は10月15日、PayPayとのキャッシュレス化の推進に関する包括連携協定を締結した。新型コロナウイルス感染症の拡大防止もあり、市は事業者に対し接触の少ないQRコード決済の導入を促している最中だ。そのためにPayPayと協定を結び、市内1,600店舗以上の普及を目指すという。さらに11月からは、PayPayでの決済利用者に30%還元(上限3,000円)の電子クーポンを発行する事業も開始する。

 実はPayPayは、沖縄市に限らず全国の自治体と共同で同様のキャンペーンを展開中だ。「あなたのまちを応援プロジェクト」と銘打ち、2020年7月から取り組んでいる。…

続きは【オトナライフ】で読む