NEW

CAが自動車部品メーカーに出向?トヨタ、ANA社員出向受け入れ要請に困惑広がる

文=編集部

 ライン工も、無期転用の動きがあるくらいです。どれくらいの期間、出向になるのかわかりませんが、ずっとお客さん扱いというわけにもいかないでしょう。英語など語学スキルは確かに重宝しますが、それは基本中の基本なので、とくにそれがプラスになるとは思えません。最低でも車に興味を持っている方が来てほしいところではあります」

一方、ディーラーは大歓迎?

 一方、同グループのディーラー関連会社社員は次のように期待する。

ANAさんの接客レベルの高さは国際的にも評価されています。皆さん身ぎれいですし、やはり、お客さんと接するうちのような会社でお受けするのがいいのではないかと思います。社風として、『社員は大きな家族』という部分があるので、排他的な声も出る可能性はありますが、一度、中に入ってしまえば社員に対してとことんまで親身になるのがトヨタグループです。ANAさんのノウハウを我々も学ぶきっかけになりますし、良い話だと思います」

 社員の出向は「左遷」や「島流し」、「人員整理」の手段になりがちだが、本来の趣旨は送り出す企業、受け入れる企業、それぞれがWin-Winになることを目指すものだ。ANAの一手は、果たしてどちらなのだろうか。

(文=編集部)

情報提供はこちら
RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合