『プロフェッショナル』田中みな実、大反響…取材原稿にダメ出し、番組Pに放送直後に電話の画像1
田中みな実写真集【公式】Instagramより

 今やフリーアナウンサーという枠にとらわれず、モデルや女優など幅広く活躍する田中みな実。そんな田中へ密着取材したテレビ番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)が27日、放送された。

 田中は2014年9月にTBSを退社し、宮根誠司や羽鳥慎一らがいるテイクオフに所属。バラエティー番組のみならず、女優としてドラマに出演したり、モデルとして女性ファッション誌のページを飾ったりとマルチな才能を発揮。昨年12月に発売した写真集『Sincerely yours…』(宝島社)は売上60万部を突破する大ベストセラーとなり話題を呼んだが、今年8月には数多くの女優を抱える芸能事務所フラームへ移籍した。

「今やフリーアナウンサー界で田中は独り勝ち状態ともいわれ、ライバルといわれてきた元フジテレビの加藤綾子や元テレビ朝日の宇賀なつみとは比較にならないほどの活躍ぶり。しかし田中は自ら“満足できない性格”だと明かしているとおり、現状には満足していないようで、“これができたら次、さらに次”という感じで、同じことを5年くらいやったら飽きてしまうのだとか。確かにTBSは5年で、テイクオフは6年で辞めており、環境を変え続けたいタイプなのかもしれません。でも、そうしたターニングポイントでの選択が今の成功につながっているのはスゴイですよね」(出版社関係者)

 そんな“満足しない女”である田中が次にステップアップするために選んだ分野が女優だった。田中は昨年から本格的に女優業を開始しているが、テレビ局関係者はいう。

「田中が現在所属するフラームは広末涼子をはじめ、戸田恵梨香、有村架純、山口紗弥加などが所属するいわゆる“女優の事務所”。昨年、田中は連ドラ『モトカレマニア』(フジテレビ系)で演技の楽しさに目覚め、現場で会う俳優たちの人柄に感化されたことで、本格的に女優の活動に取り組みたいと考えるようになったようです。さらに、共演した山口紗弥加といろいろと話して親しくなったことも、フラームへの移籍の決め手になったみたいですね」(テレビ局関係者)

「面倒くさいタレントだなあと思われている」

 まさに“時の人”となった田中に密着した今回の『プロフェッショナル』。番組の公式HP上には「求められて、私は輝く?田中みな実?」というサブタイトルが掲げられ、担当ディレクターによる次のような告知文が綴られていた。

「取材を受けた田中みな実さんと、取材者となった平山Dの2人が深い沼にはまっていった」

「そして夜中24時、田中みな実さんの自宅でインタビューが始まった。もうそこは、巌流島だった」

「最後に見えてきたのは、とにかく『正直』な田中みな実さんの姿だった。正直さに妥協がなかった」

「取材中、田中みな実さんは突然、『4日連続くらいでおうちに帰って泣いてるの、私』と言い出す」

 番組は冒頭、スッピン姿の田中が自宅で思い詰めた表情で、「求められることって、すごい怖くないですか? 求められなくなったときに、私の何がいけなかったんだろうって。見飽きたら、そこで終了なんですよ。消耗品だから」と吐露するシーンからスタート。続いて「キスシーンだから歯磨いているわけじゃないですからね」と笑いながら歯を磨きフロスをかけるシーンに切り替わった。

RANKING