生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

現在国をあげて普及が進んでいるキャッシュレス決済。中でも「PayPay」は、世間の度肝を抜く大規模還元キャンペーンなどで一気にユーザー数を増やし、QRコード決済業界の覇権を握っている。PayPayの一人勝ち状態と言える現状だが、ある調査からその対抗馬となり得る勢力の姿が浮かび上がってきた。
今回は、PayPayの牙城を崩す…かもしれない、サービスについてお伝えする。

サービス単体で見ればPayPayの圧勝だが…?

 QRコード決済業界は、2018年頃から多くのサービスが周知されはじめ、電光石火とも言える速度でまたたく間に世間に浸透。現在は各サービスがシェアを競う群雄割拠の様相を呈している。  だがそんな中でも、「100億円あげちゃうキャンペーン」や印象的なテレビCMをバンバン打ったことで存在感を確立したPayPayが、シェアにおいても他のサービスを圧倒している。公正取引委員会が2020年8月に発表したデータでも、同年1月にはQRコード決済の市場シェアのうち過半数を占める55%を獲得しているとされた。PayPayに次ぐ2位のサービスが15%という結果からも、55%のP…

続きは【オトナライフ】で読む