キンプリ、初の冠番組?来年以降も嵐が3つも冠番組牛耳り、ジャニーズ内に不満の画像1
King&PrinceのシングルCDの広告

 ついにジャニーズグループの世代交代が本格化するのか――。

 今年の年末をもって活動休止に入る人気アイドルグループ・。グループとしては事実上の“ラストライブ”になるとみられる「嵐フェス2020 at 国立競技場」が、いよいよ明日3日にインターネット配信されるとあって、ファンたちの期待が高まっている。

 そんな嵐は現在、地上波テレビの冠番組として『VS嵐』(フジテレビ系)と『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)を持っており、活動休止に入る来年以降は別の若手ジャニーズグループが“後番組”を担当するのではないかという見方も広まっていた。だが結局、前者は嵐の相葉雅紀がMCを務める『VS魂』に、後者は同じく嵐の櫻井翔がMCを務める『1億3000万人のSHOWチャンネル』に衣替えして、嵐メンバーが引き継ぐかたちとなることが明らかとなった。

「CDデビューから来年で早10年を迎えるSexy Zone、一昨年にデビューしたKing & Princeは、いまだに地上波でグループとしてのレギュラー番組を持っていません。その一方で、まだジャニーズJr.のなにわ男子が先輩たちを差し置いて、10月から全国ネットで初の冠番組『なにわ男子と一流姉さん』を始めることもあり、セクゾとキンプリあたりが『VS嵐』と『嵐にしやがれ』の後番組を担当するのではないかと注目されていました。

 今年1月にSnow ManとSixTONESがCDレビューを果たしたばかりということもあり、若手グループの間でも“お鉢が回ってくるのでは”と期待が高まっていたものの、蓋を開けてみれば結局“また嵐”ということで、メンバーのみならず各グループを担当するスタッフの間にも失望が広がっています」(芸能事務所関係者)

 そんななか、こんな動きもあるという。

「日曜朝に放送されている嵐の二宮の冠番組『ニノさん』(日本テレ系)を夜の時間帯に“格上げ”し、空いた枠でキンプリかセクゾにレギュラーを持たせる案が浮上しているという話が聞こえてきます。もしくは、ジャニーズの先輩であるTOKIOの『ザ!鉄腕!DASH!!』(同)にレギュラー出演させるという案も出ているようです。

 TOKIOは長瀬智也が来年3月いっぱいで脱退したり、元メンバーの山口達也が今年9月に酒気帯び運転で逮捕されたりと、何かとゴタゴタ続きなだけに、『鉄腕』も“ここで心機一転”ということで新たな風を取り入れる意味でも、若手グループのレギュラー出演というのは悪い話ではないと思いますよ。何気に高視聴率をキープしている番組でもありますからね」(テレビ局関係者)

嵐への“特別扱い”

 ここにきてジャニーズが若手グループの地上波進出に動き出した背景について、別のテレビ局関係者はいう。

関連記事