これらは、いくらMVNOとはいえ、大手キャリアのサブブランドという安心感を持つ人も少なくない。楽天モバイルが気になるユーザーにとっては、これらのMVNOともしのぎを削らないといけない。

 ちなみに、現状ではサブブランドを持たないドコモだが、今回の携帯料金値下げ議論に際して、サブブランドの誕生が期待されている。

 というわけで、楽天モバイルが持つ安さという武器の“攻撃力”はあまり高くない。少なくとも、圧倒的な差別化ができるわけではない。

 そして、価格競争が起きるのは相手が「脅威」だと感じるとき。例えば、ボーダフォンの日本法人を買収した頃のソフトバンクは、ボーダフォンのネットワークを引き継ぎながら、圧倒的な安さで勝負に出た。MNPなどの動きもあり、ドコモやauから多くのユーザーが流出。それを防ぐためにドコモもauも対策を講じることになった。

 しかし、過去のソフトバンクのように、楽天モバイルが台風の目になることは難しいだろう。結局、「2台目」としての活用や、リアルなSIMカードを必要としないeSIMを利用した、1台の端末に2枚のSIMが搭載されたデュアルSIMでの利用、あるいは、ネットワークのクオリティに多少の不安はあっても、少しでも安いプランを選びたい人にチョイスされるのではないか。

 それはつまり、楽天モバイルはMVNO時代と変わらない状況ということだ。MVNOと変わらないのであれば、3大キャリアが脅威に感じることもない。もしも値下げの議論がなければ、楽天モバイルも大きな注目を集めたと思うが、タイミングが悪かった。そして、3大キャリアも、あの手この手で「携帯料金の値下げ」を打ち出していき、楽天モバイルなど目もくれない状態が続いていくだろう。

(文=加藤純平/ライター)

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合