NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

根強いトランプ支持、背景に米国の「自己愛過剰社会」化とナルシシストの急増

文=片田珠美/精神科医
根強いトランプ支持、背景に米国の「自己愛過剰社会」化とナルシシストの急増の画像1
トランプ大統領のツイッターより

 アメリカ大統領選挙の投票が行われ、開票が始まったが、その結果次第では暴動や内乱が発生するのではないかとの懸念が強まっており、緊張感に包まれているようだ。そのせいか、アメリカ国内で銃器の販売が急増しているという。

 その背景には、厳しいコロナ対策で知られるミシガン州のウィットマー知事の誘拐を企てた右派民兵「プラウド・ボーイズ」に対してトランプ氏が「下がって待機せよ」と述べたこと、さらに「郵便投票は不正」と主張し、「選挙に負けたら結果を受け入れない」と明言したことがあるだろう。

 だからこそ、トランプ氏の扇動的な言動に呼応して支持者が暴動を起こすのではないかという不安が高まっているわけだが、彼が選挙に負けた場合、敗北を受け入れない可能性は十分あると考えられる。なぜかといえば、トランプ氏は強烈な自己愛の持ち主だからである。

 トランプ氏の強烈な自己愛は、一連の言動を見れば明らかだ。たとえば、2017年にアメリカの27名の精神科医や心理学者などがトランプ氏を診断した本を出版したのだが、その中で彼の「病的な自己愛」を指摘している(”The dangerous case of Donald Trump”直訳すると『ドナルド・トランプという危ない症例』)。

トランプ氏は「無自覚型」のナルシシスト

 強い自己愛の持ち主、つまりナルシシストは「無自覚型(Oblivious Narcissist)」と「過剰警戒型(Hypervigilant Narcissist)」の2つのタイプに分けられるのだが、トランプ氏は前者の「無自覚型」の典型であるように見える。

 その特徴として次の6つが挙げられる。

1)他人の反応に気づかない

2)傲慢で攻撃的

3)自己陶酔

4)注目の的でいたい

5) “送信器”はあるが、“受信器”がない

6)他人の気持ちを傷つけることに鈍感

 トランプ氏には、これらの特徴がすべて認められる。世界最強の国であるアメリカのトップなのだから、誰にも気を使わなくていいと思い込んでいるのかもしれないが、彼がツイッターで暴言を吐き、物議を醸すたびに、“送信器”はあるが、“受信機”がなく、他人の反応に気づかないうえ、他人の気持ちを傷つけることに鈍感な典型例だと思う。

 また、彼はかつて「まるきりエゴのない人がいるなら見せてほしいものだ。そうしたら私は敗者を見せてあげよう」と言い放ったらしいが、このような発言を平気でするのも、自己陶酔しており、傲慢で攻撃的だからだろう。

 もちろん、こうした特徴は大統領に就任する前から一目瞭然だった。自分の所有する建物や大学に自分の名をつけ(トランプタワーやトランプ大学)、自分のテレビ番組を持ち、トーク番組の司会者にけんかを売っていたのだから、注目の的でいたいという欲望も半端ではないことがうかがえる。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合

関連記事