NEW
鈴木貴博「経済を読む“目玉”」

Go To利用、まったく正反対の人たちが、ちょうど半数ずつ存在…“不思議な感覚”の正体

文=鈴木貴博/百年コンサルティング代表取締役
【この記事のキーワード】

, ,

Go To利用、まったく正反対の人たちが、ちょうど半数ずつ存在…“不思議な感覚”の正体の画像1
「Getty Images」より

 11月1日、今回で2度目となった大阪都構想の住民投票は、ほぼ真っ二つに意見が分かれた結果、賛成49%対反対51%で否決されました。

 その2日後、投開票が始まったアメリカの大統領選挙は、当初バイデン候補の圧勝かと報道されていましたが、トランプ候補の巻き返しで思わぬ大激戦となり、最終確定は裁判所に持ち込まれそうです。11月6日時点での得票数暫定値ではバイデン候補51%対トランプ候補48%と、こちらもきれいに結果が真っ二つに分かれています。

 もうひとつ全然違うジャンルでの真っ二つの事例を紹介します。大手新聞によるGo To トラベルについての世論調査の結果です。「利用したい、ないしはすでに利用した」が全体の51%、これに対して「利用したくない」が46%とこちらも意見がほぼ真っ二つ。さてさて、ここまでがまず話の前振りの第一弾です。

 次に別の側面でこの話を見てみましょう。

 大阪の友人の話なのですが「今回は圧勝で大阪都になるとばかり思っていた。だって周りの意見はみんなそうだったのだから」と言うのです。彼によればツイッターのタイムラインをみていても、仲間と飲み会に出かけても、まさか否決になるという雰囲気は微塵もなかったといいます。

 アメリカの大統領選挙も、メディアの現地報道によればまったく同じ雰囲気だったとのことです。バイデン候補の支持者の周囲にはバイデンの圧勝を信じる人ばかり。一方でトランプ候補を支持する地域の空気も、トランプ圧勝以外にありえない空気だったといいます。

 アメリカの大統領選挙は間接選挙といって、総得票数ではなく、それぞれの候補がどれだけの州を獲得したかで争われます。選挙結果を示すアメリカの地図も、バイデン候補の青とトランプ候補の赤で地図が真っ二つに色分けされています。

 ざっくりといえば、ハイテクで潤うアメリカ西海岸と金融で潤う東海岸やシカゴ近辺は青。それ以外の工業や農業で暮らす住民が多い地域は赤に地図の色が分断されています。そしてそれぞれの地域ではバイデン支持、ないしはトランプの支持者が圧倒的に多数になる。トランプが強い地域のトランプ候補の支持者にとってみれば「まさか負けるとは思っていなかった」ということになるわけです。

世の中が元に戻ったかのごとくの錯覚

 さてこの現象を踏まえて、今回、本格的に取り上げたいのは、実は三番目に紹介したGo To キャンペーンの話です。私の周囲を見ても利用意向が真っ二つに分かれています。

 Go Toが楽しくてしょうがなくて沖縄に行った翌々週末には今度は京都旅行だという知人や、それまでずっと出勤したら夜は家に戻るだけの毎日だったのが、Go To イートが始まってからは週3ペースで飲食店で豪遊してから帰るという友人が私の周囲に実際にいます。

関連記事