生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

2020年の新型コロナウイルス感染症の流行をきっかけに一気に世の中に浸透していったWeb会議システム。読者の中にも利用経験者は数多くいることだろう。そんなWeb会議システムの中でも、「Google Meet」や「Zoom」といった人気システムが誕生している。しかしどんなシステムでも“完璧”なものはなかなか無いもの。ご多分に漏れずGoogle Meetにも、競合・Zoomと比べてデメリットが存在する。
今回はそんなGoogle Meetの“弱点”についてお伝えしていきたい。

コロナ禍で広く認知されるようになったWeb会議システム

 現在様々な企業が独自のシステムを提供しているWeb会議システムは、Google Meet、Zoom、「Microsoft Teams」といったサービスが人気を博している。とくにGoogle Meet・Microsoft Teamsは、GoogleやMicrosoftといった大企業の提供するサービスという信頼感もあり、セキュリティ面などでの評価が高くビジネスシーンでの利用も盛んだ。日本国内では最初、ZoomがWeb会議システムのスタンダードとし…

続きは【オトナライフ】で読む