NEW

ぺこぱの漫才は認知症介護の真骨頂?コラアゲンはいごうまんが使う「記憶のカード」とは

構成=安倍川モチ子/フリーライター
【この記事のキーワード】, , , ,

――ありがとうございました。

 親が認知症になってから後悔しないために、「普段から親と会話をして、記憶のカードをそろえておくように」と、普段の芸風からは想像できないほど真剣に語ってくれたコラアゲンはいごうまんさん。オンライン化が進んで人と会わなくても生活に困らなくなった今だからこそ、彼の言うアナログな行動が重要な意味を持ってくるのかもしれない。家族に限らず、ずっとつながっていたいと思う相手に対しては、こちらからアクセスできる人間でありたいと思った。

(構成=安倍川モチ子/フリーライター)

情報提供はこちら
RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合