近藤真彦、ジャニーズ内で信用失墜「ロクに仕事もせず、呑気に不倫旅行とカーレース」の画像1
近藤真彦(左)

「マッチはしょっちゅうその女性を連れまわしていたので、彼女のことを奥さんだと思っている人もいましたよ」(芸能事務所関係者)

 11日付「文春オンライン」は、“マッチ”こと近藤真彦が不倫していると報じた。「文春」によれば、既婚者で一児の父親でもある近藤には5年にわたり交際している女性がおり、今年10月には沖縄旅行も楽しんでいたという。

 近藤が所属するジャニーズ事務所は今、まさに正念場を迎えている。昨年に創業者のジャニー喜多川前社長が亡くなり、その後だけでも錦戸亮(元関ジャニ∞)、中居正広、手越祐也(元NEWS)、長瀬智也(TOKIO)、錦織一清(少年隊)、植草克秀(同)、山下智久の退所が相次いで発表。特に山下は未成年女性との飲酒で活動自粛処分を下した事務所の了解を得ないまま、半ば強引に退所するという前代未聞の事態を起こした。

 さらには、一番の稼ぎ頭である嵐の活動休止を目前に控えているわけだが――。

「新たな事務所の屋台骨となるグループを生み出すべく、特に副社長の滝沢秀明あたりは日々奔走しているわけです。そんな事務所の今後がかかった大事な時期に、ジャニタレ“トップ”として模範を示すべきマッチは、不倫相手とのんびり沖縄でゴルフ旅行ですから、事務所内での彼の信用は地に落ちたも同然です。

 もっとも、ここ数年の近藤は目立った芸能活動はなく、もっぱら自ら率いるカーレースチームの活動ばかり。(創業者の)メリーさん(藤島メリー泰子<メリー喜多川>元副社長)とその娘のジュリーさん(藤島ジュリー景子現社長)の覚えがいいからと、ロクに仕事もせずに趣味のカーレースばかりやらせてもらい、デカい顔をしている近藤にやっかみを覚えるスタッフが少なからずいる。その意味では、表に出るべくして出たスキャンダルですよ」(同)

「他のタレントとは扱いが違う」

 昨年以降、ジャニタレの不祥事が絶えないが、そのたびに事務所は厳しい姿勢を見せてきた。女優の神田沙也加との不倫が報じられた秋山大河はクビになり、秋山が所属していたジャニーズJr.のMADEは解散。女性問題を起こしたHiHi Jetsの橋本涼と作間龍斗、未成年女性との飲酒問題を越したSnow Manの岩本照、コロナ下でのパーティーが報じられた手越、そして山下にも、活動自粛という重い処分を下してきた。

「事務所は近藤については不問にする方針のようです。一番の理由は、近藤がメリーさんとジュリーさんの“お気に入り”だということ。他のタレントとは扱いが違うんです。副社長の滝沢にとっても近藤は大先輩ということで、さすがの滝沢でも処分を下すのは難しい。

関連記事