生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

菅内閣総理大臣が、就任時から提言を続けていたとあって注目率の高かった「携帯電話料金値下げ」。大手3社が9割ともいわれるシェアを独占し続ける日本の携帯電話業界は、世界的にもかなり異質な業界体制であり、その高額な料金プランの見直しを求める声も年々高まるなかで、いよいよ政府がテコ入れを図ったというだけあって、多くの人が3大キャリアの値下げに期待していた。そんななか、KDDIとソフトバンクが新規料金プランを発表。しかし大多数の人々がこの新規プランに落胆を見せていることが分かった。
このままの料金プランを続ければ、3大キャリアからの流失もいよいよ免れなくなっている。大手思考の強い日本人でもいよいよ我慢の限界?消費者の動向について迫っていく。

政府の値下げ要請にキャリア出した答えは?

菅総理は官房長官時代の2018年に「携帯電話料金は4割値下げできる余地がある」と発言し、実際にキャリアの料金見直しのきっかけを作り出した。携帯電話料金値下げへの高い実績を持っているだけに、今回の総理就任時からの提言には国民の強い期待が寄せられていた。 今回、日本トレンドリサーチ社が行った「携帯料金…

続きは【オトナライフ】で読む