『あさイチ』視聴率激減の致命的な理由…玉川徹劇場化する『モーニングショー』が逆転の画像1
NHK放送センター(「Wikipedia」より)

 朝の人気番組『あさイチ』(NHK)が『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)と熾烈な戦いを繰り広げている。11月6日の視聴率は『あさイチ』が世帯11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)に対し、『モーニングショー』は世帯11.3%と、まさに“0コンマ”の争いをしているのだ。

コロナ禍で分かれた明暗

 ちなみに11月10日は、世帯10.1%(個人5.2%)の『モーニングショー』に対し、『あさイチ』の8時台は世帯9.2%(個人4.8%)。さらに、翌11日の『モーニングショー』は世帯10.4%(個人5.3%)で、『あさイチ』の8時台は8.6%(個人4.6%)と、『モーニングショー』が優勢だ。

「この時間帯は、かつては『あさイチ』の独壇場でした。それが徐々に変わっていったのは、一部でも言われているように新型コロナウイルスの感染拡大の影響です。『モーニングショー』では“コロナの女王”とまで言われた白鴎大学の岡田晴恵教授、さらに舌鋒鋭い局員の玉川徹氏をスタジオに据えて、連日のようにコロナ関連のニュースを報道。毀誉褒貶の激しさもあり、世間の関心を一身に集めていったのです」(テレビ局関係者)

 また、『あさイチ』は言うまでもなく、朝の連続テレビ小説の後に放送されている。現在でいえば窪田正孝主演の『エール』だが、同作はコロナによる撮影の遅れで一時は放送を休止し、過去回が再放送されていた。その当時、『あさイチ』の停滞ぶりは目も当てられなかったという。

「たとえば、8月12日の『エール』は世帯13.1%と朝ドラにしては相当低い数字ですが、この後の『あさイチ』は世帯7.9%と、さらに下げているのです。ただ、最低視聴率を記録したのは8月6日でした。この日は、本来『エール』が始まるはずの8時から広島平和記念式典が生中継されていて、これが9.7%という視聴率でした。そして、8時37分という中途半端な時間から始まった『エール』が7.7%という、近年まれにみる低い数字を叩き出したのです。続く『あさイチ』は9時52分という、さらに中途半端な時間から始まり、視聴率は世帯5.9%。おそらく『あさイチ』史上最低の数字をマークしてしまいました」(同)

 この日の放送内容は、8月6日の広島平和記念日に合わせて、もし戦時中にSNSがあったらどんなことがつぶやかれていたのかを75年前の広島市民の日記を手がかりにシミュレーションしてみるという、画期的な内容だった。現在もNHK広島放送局がツイッターでつぶやいている大変意義のある取り組みだが、一方の『モーニングショー』は10.4%と『あさイチ』に圧勝している。

「いずれにしても、コロナによって潮目が変わったのは間違いありません。そして、『あさイチ』が危ういのは朝9時台に数字が激減していることです。これは、9時またぎでニュースが5分間入り、番組が中断してしまうことが影響しているのでしょう。視聴者が他局に流れてしまい、そのまま『あさイチ』に戻ってこないということを意味しています。つまり、悪い視聴習慣がついてしまっているのです」(同)