NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

波瑠×朝ドラ脚本家の『#リモラブ』が低迷する3つの理由…タイトルは戦略ミス?

文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト
【この記事のキーワード】

, , , ,

波瑠×朝ドラ脚本家の『#リモラブ』が低迷する3つの理由…タイトルは戦略ミス?の画像1
#リモラブ ~普通の恋は邪道~|日本テレビ – 日テレ」より

 これほどコロナ禍を真っ向から扱った連ドラはなく、しかも「ネット上の反応が大きい」と言われるラブストーリー。例年以上に恋愛ドラマが揃った2020年秋ドラマの中でも、『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』(日本テレビ系)に対する期待値は高かった。

 しかし、ここまでの世帯視聴率は7~8%台、個人視聴率は3~4%台。及第点とされる世帯視聴率10%、個人視聴率6%にはほど遠い結果しか得られないばかりか、あまり話題になっていないところに苦しさがうかがえる。

 ここ5年間で最も連ドラの主演を務めてきたトップ女優の波瑠と、朝ドラ『スカーレット』(NHK)を手がけたばかりの脚本家・水橋文美江。タイムリーかつアグレッシブなテーマに万全の布陣で挑んだにも関わらず、ここまで思ったような結果を得られていないのはなぜなのか。それを掘り下げていくと、同作の恋模様が盛り上がりにくい3つの理由が浮かび上がってきた。

コロナ禍らしい恋模様は見られず

 ひとつ目の理由は、コロナ禍とラブストーリーが分離していること。

 第1話は今年4月からスタート。マスクや手洗いが必須となり、リモートワークが導入され、緊急事態宣言が発令されて、孤独を感じてしまうなど、リアリティのある展開が見られた。実際、「ヒロインの大桜美々(波瑠)がなぜ恋をしたくなったのか」を描く序盤を見た視聴者から共感の声が上がるなど、「上々のスタートを切った」と言っていいだろう。

 美々はストレス解消のために勧められたオンラインゲームで「草モチ」と名乗り、「檸檬」とコミュニケーションを取るようになり、そのやり取りに癒されたことから恋心を募らせていった。この流れも『#リモラブ』というタイトルにふさわしく、問題はなさそうだ。

 さらに美々は「檸檬」が同じ会社の社員・青林風一(松下洸平)であることに気づき、戸惑いながらも自分が「草モチ」であることを伝えようとするが、「健康管理室の独裁者」と言われる嫌われ者のため、なかなか切り出せない。11月18日放送の第6話では、ついに美々が自分の正体を青林に伝えるが、拒絶されてしまい……という展開が予定されている。

 いかにも水橋文美江らしい丁寧なストーリーテリングである一方、「コロナ禍の恋愛」というテーマは序盤だけでほぼ消滅してしまった。終始マスク姿であり、ソーシャル・ディスタンスを保とうとする様子こそあるものの、それが恋模様とはからんでこない。唯一の例外は、青林と恋人だった我孫子沙織(川栄李奈)がマスク同士のキスをしたことくらいだった。

 美々と青林はコロナ禍の中、普通にメッセージのやり取りをしているだけだが、現在このような恋をしている男女はどれだけいるのだろうか。現在進行形のコロナ禍を真っ向から扱っておきながら、今世の中で育まれている恋のリアルはなし。コロナ禍の恋愛を取材し、脚本・演出を練り上げる時間が足りなかったのかもしれないが、「これがリモラブ?」という消化不良があり、世間の関心を集められない理由となっている。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg