NEW

ビックカメラで見つけた“安くても買ってはいけない”ゲーミングチェア3選!致命的な欠点も

文=清談社

クーガー CGR-SA1 ゲーミングソファ/3万1900円

 2008年にドイツで創業されたPCデバイスブランドのクーガー。多様なゲーミングチェアが販売されている中で、クーガーは独自色の強い商品を打ち出した。それが、このソファ型ゲーミングチェアである。

 長時間座っても疲れないノウハウを詰め込んでいるため、ストレスなく座れる構造が追求されており、座幅も広いため、大柄の人でも気にせず使用できるだろう。レザーでカバーし、ダイヤモンドチェック柄を施しているため、高級感も漂っている。

ビックカメラで見つけた安くても買ってはいけないゲーミングチェア3選!致命的な欠点もの画像4

 ただ、一般的なゲーミングチェアと比べると、リクライニングのレバーがなく、自力で上げ下げしなくてはいけないのがネックだ。腹筋が弱っている人にとっては、リクライニングを倒してから戻すのに一苦労するだろう。

 さらに、このソファはデスク利用を前提とする人には不向きである。アームレストや座高が調整できず、キャスターもついていないからだ。本体も大きいため、デスクとの相性は悪い。そのため、テレワーク用に買う人や、マウス・キーボードでゲームをする人にはあまり向いていない。

 ただ、コンソールやスマホでゲームをする人にとっては、普通の一人がけソファとしては十分すぎる座り心地を提供してくれるだろう。また、ゲーミングチェアは組み立てが面倒なものも多いが、ほぼ組み立てなしで使用できる点もうれしい。

 完成度が高いわりに値段はそこまで高くないため、お得ではあるが、用途を間違えると後悔してしまう商品かもしれない。

(文=清談社)

情報提供はこちら
RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合