『FNS歌謡祭』で筒美京平「スニーカーぶる~す」を歌い上げるはずが

 とはいえ、女性ゴシップが出ると制裁を加えられるのがジャニーズでは鉄の掟。ジャニーズ事務所副社長たる滝沢秀明氏が相当頭を悩ませたであろうことは容易に想像できるが……。

 ある芸能関係者は語る。

「今回の無期限活動自粛は、マッチさん本人から申し出たもの。ジャニーズの長男としてはさすがに、『知らぬ存ぜぬ』でデビュー40周年を祝ってもらうわけにはいかないと判断したのでしょう。ジャニーズタレントのヒエラルキー的には長らくマッチさんがトップなわけですから、さすがに誰も意見をすることはできない。

 しかし2019年9月の副社長就任以降、タレントに女性トラブルが出るたびに厳しく“制裁”を加えてきた滝沢副社長からすれば、何も処分しないわけにもいかない。結果的にマッチさんのほうから活動自粛の申し出があったことで、ほっと胸をなでおろしたのではないでしょうか。

 この10月には、マッチさんのデビュー曲『スニーカーぶる~す』(1980年発売)を手がけた筒美京平さんが亡くなったこともあり、12月2日に放送予定の『FNS歌謡祭』では、数多くの後輩を従えて同曲をマッチさんが歌う予定でしたが、それもおそらく無理でしょう。

 マッチさんは“記念イヤー”以外はほぼ活動休止状態だったので、ジャニーズにとって売り上げ的には大きなダメージはない。次の“デビュー45周年”まで長男として君臨していられるか、むしろそちらのほうが気になりますね」

 忘れがたい“40周年”となってしまったジャニーズ帝国の長男は、今後も後輩たちから慕われる存在でいられるのか。今回の一件が、次なる退所騒動につながらないことを願いたい。

(文=藤原三星)

木村拓哉自身が撮影中止を提案?『BG~身辺警護人~』そして『半沢直樹』の“放映問題”の画像3

●藤原三星(ふじわら・さんせい)
ドラマ評論家・コメンテーター・脚本家・コピーライターなど、エンタメ業界に潜伏すること15年。独自の人脈で半歩踏み込んだ芸能記事を中心に量産中。<twitter:@samsungfujiwara

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合