石橋貴明、妻・鈴木保奈美から三行半&離婚危機?石橋の束縛癖に鈴木が限界かの画像1
石橋貴明

 お笑いタレント・石橋貴明(とんねるず)と女優・鈴木保奈美の夫妻に、離婚危機説が浮上している。

 石橋と鈴木は1998年に共に再婚というかたちで結婚。結婚発表時に鈴木は妊娠3カ月の身であったが、石橋が前妻との離婚後わずか2週間での結婚発表となり、世間を驚かせた。そんな慌ただしい結婚後、鈴木は仕事をセーブして3人の娘を出産。2008年頃から芸能活動を再開させ、前クールは『SUITS/スーツ2』(フジテレビ系)、今クールは『35歳の少女』(日本テレビ系)と2期連続で連続テレビドラマに出演するなど、女優業を活発化させている。

 鈴木は現在、石橋が代表を務める個人事務所アライバルに所属しているが、「週刊文春」(文藝春秋)や「女性自身」(光文社)の報道によれば、鈴木は今年7月に新たに個人事務所を立ち上げ、鈴木の妹が代表取締役、母が取締役に就いているという。

「登記簿をみる限り、鈴木の個人事務所に石橋は関わっていませんが、『文春』によれば、先月にひき逃げ事件を起こした俳優の伊藤健太郎を売れっ子にのし上げた元マネジャーが、鈴木のマネジメントを今後手掛けるというじゃないですか。石橋は完全に蚊帳の外という感じですね」(週刊誌記者)

 今回、鈴木が個人事務所を設立した背景には、三女が今春に高校を卒業して子育てがひと段落ついたことがあるという。

「鈴木はもともと仕事熱心なタイプで、石橋と結婚する時も活動休止状態に入ることについては、苦渋の選択だったんですよ。本当は女優としてもっとがんばりたかったものの、石橋の“家庭に入ってほしい”という希望を飲んだのです。女優という仕事は、とにかくいろんな人との出会いがあるので、石橋も心配だったのでしょう。石橋が妻である鈴木に対して束縛気味で、鈴木が復帰後も思う存分仕事ができないでいるという話は、割と有名でしたよ」(テレビ局関係者)

鈴木保奈美がグチ?

 そんな石橋・鈴木夫婦について、「女性自身」(12月1日・8日合併号)は『鈴木保奈美悩む石橋貴明の束縛「共演俳優と仲良くするな!」』というタイトルの記事を掲載した。

「鈴木の仕事関係者の証言として、鈴木が打ち合わせの際に石橋からの制約がキツイとグチを漏らしていたという話が掲載されていますが、本人のこんな本音を直接聞ける人物といえば、かなり鈴木に近い人。その人物が鈴木本人の承諾なしに週刊誌にこんな話を漏らしてしまえば、鈴木サイドの逆鱗に触れることは間違いない。そのため、むしろ鈴木サイドが石橋にとってマイナスの情報を流すことで、離婚への下地をつくっているのではないかという見方すら出ているわけです」(週刊誌記者)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合