巨人、ソフトバンクに2年連続4連敗なら大リストラ加速か…小林誠司干されすぎ問題もの画像1
巨人の小林誠司捕手(「Wikipedia」より)

 プロ野球の「SMBC日本シリーズ2020」は福岡ソフトバンクホークスの強さが際立つ展開となっている。読売ジャイアンツ(以下、巨人)に3連勝したソフトバンクは、早くも4年連続日本一に王手をかけた。

 巨人は第1戦でエースの菅野智之投手が打たれ、第2戦は11点差で大敗。11月24日に行われた第3戦は9回2死から丸佳浩選手がチーム初安打を放ち、日本シリーズ史上二度目となる“継投ノーヒットノーラン”を阻止するのがやっとだった。

 巨人は2019年の日本シリーズでもソフトバンクに4連敗しており、2年連続で4連敗となると、史上初の屈辱を味わうことになる。また、巨人は3試合で10安打と深刻な貧打に苦しんでおり、チーム打率は1割1分2厘。19年は4試合の日本シリーズで最低となる1割7分6厘を記録したが、それを更新する勢いだ。また、日本シリーズ史上最低は2007年の北海道日本ハムファイターズの5試合で1割4分7厘だが、こちらにも“王手”をかけている。

「すでにさまざまな識者が指摘していますが、巨人打線はソフトバンク投手陣のパワーピッチに押されてストレートが満足に打ち返せず、外野まで飛んでも失速する。ソフトバンク打線がホームランを量産しているのとは対照的です。昨年のスイープ(4連勝)も衝撃的でしたが、今年もさらにソフトバンクの強さを見せつけるようなシリーズになっています。

 近年はパ・リーグ優勢の流れが強く、ここ数年のソフトバンクがプロ野球史に残るレベルの強いチームであることは間違いないですが、セ・リーグの覇者である巨人がここまで歯が立たない展開は衝撃的。頂上決戦である日本シリーズで同じ相手に8連敗するとなれば、まさに前代未聞です。1990年の日本シリーズで、西武ライオンズに4連敗した巨人の選手が『野球観が変わった』と発言して話題となりましたが、それに匹敵する出来事ではないでしょうか」(スポーツライター)

 強すぎるソフトバンクと為す術もない巨人に対して、ネット上では以下のような声が上がっている。

「ソフトバンクの方が技術的にも気持ち的にも上回っていることが、素人でもわかる。それだけ実力差が歴然ってことか……」

「同じプロ、同じリーグ覇者でこれだけの差があるのって、もう構造的な問題があるとしか思えない」

「いつから日本シリーズはソフトバンクが巨人を“公開処刑”する場になったんですか?」

「日本シリーズ見てると、そもそもセ・リーグの選手はパ・リーグに行って通用するの? って思っちゃう。このままじゃ坂本の2000本安打も岡本の2冠も霞んじゃうよ」

 前出のスポーツライターは以下のように語る。

「そもそも、今オフは編成権も握る“全権監督”である原(辰徳)監督の意向で大リストラが敢行されると言われており、巨人はすでに育成選手を含む16名に戦力外通告をしたことが発表されています。その前に行われたドラフト会議では、育成を含めて19名の大量指名。日本シリーズの戦績も踏まえて体制の見直しが図られるとしたら、この“血の入れ替え”が加速する可能性もあります」

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合