巨人、史上最多5度目の4連敗&記録ずくめの屈辱…球団史上最長V逸で原監督退任の可能性もの画像1
「読売ジャイアンツ」公式サイトより

 11月25日、今年のプロ野球・日本シリーズが幕を閉じた。結果は、福岡ソフトバンクホークスが読売ジャイアンツ(巨人)を史上初となる2年連続の4連勝で倒し、まさに圧勝するかたちとなった。

 これでソフトバンクはパ・リーグ球団としては史上初となる4年連続の日本一を達成したワケだが、その快挙の裏で気になる記録がある。

 実は、今回を含めて「無敗で日本シリーズ4連勝」は、引き分けも含めると9回ある。そしてそのうちの6回に巨人が関係しているのだ。というワケで、巨人の“日本シリーズ4タテ”の歴史をあらためて振り返ってみたい。

 巨人はこれまで6回の“4タテ”を経験しているとはいえ、4連勝はたった1回で、あとの5回は4連敗なのだ。

 唯一の4連勝は、02年の対西武ライオンズ(現埼玉西武ライオンズ)との戦いである。この年は巨人が原辰徳、西武が伊原春樹と、ともに新人監督の対決となった。巨人はペナントレースで全球団に勝ち越して86勝をあげ、対する西武も2位以下に16.5ゲーム差をつけて90勝をマーク。いずれも圧倒的な差でリーグ制覇しているだけに、好勝負が期待されていた。

 だが、結果は巨人が4-1、9-4、10-2、6-2と4試合とも快勝することになる。これは21世紀最初の4連勝であると同時に、巨人としても球団史上初の記念的出来事となった。なお、巨人はこのシリーズで、初戦を先発完投したエース・上原浩治を筆頭に計8人の投手を登板させているが、全員が1試合のみの登板に終わっている。つまり“複数試合に登板した投手がゼロ”という珍記録を残したのだ。

 一方、まさかの4連敗を喫した西武は、エース・松坂大輔が大誤算だった。実はこのときの松坂は故障明けで、決して万全の状態ではなかったのだ。当時の投手コーチだった松沼博久は、ペナントレース終盤に調子を上げて8勝をマークした石井貴を初戦の先発投手に推していたが、伊原監督はエースでいくことを決断。

 だが、それが裏目に出てしまった。0-0で迎えた3回裏、巨人の清水隆行と清原和博にそれぞれ2ランを浴び、4失点KOされてしまったのだ。さらに3連敗で後がない第4戦では、2-2の同点で迎えた6回表から松坂がリリーフ登板したものの、2回4失点で降板するハメになってしまった。結局、松坂はこのシリーズで2敗を喫し、西武が4タテされる一因となってしまった。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合