NEW

KAT-TUN上田竜也、中指立てパフォーマンスが物議…相次ぐ非常識行為、処遇に注目

文=編集部
【この記事のキーワード】, , , ,
KAT-TUN上田竜也、中指立てパフォーマンスが物議…相次ぐ非常識行為、処遇に注目の画像1
「ベストアーティスト2020」公式サイトより

 11月25日に約4時間にわたって生放送された音楽番組『ベストアーティスト2020』(日本テレビ系)で、上田竜也(KAT-TUN)が歌唱中にカメラに向けて中指を立てたことが物議を醸している。

 番組中、「今聴きたい!国民が選んだジャニーズメドレー」と題し、ジャニーズ事務所に所属するアーティストたちが、先輩たちの歌をカバーした。そのなかでKAT-TUNが嵐の『感謝カンゲキ雨嵐』を歌い、上田は尊敬してやまない櫻井翔(嵐)のラップパートを担当。すると上田は興奮したのか、カメラに向かって中指を立ててアピール。数秒後には人差し指に改めたものの、視聴者から批判の声が殺到することになった。

「上田は、櫻井を“アニキ”と公言して心から慕っています。そのため、櫻井のパートを担当したことで気持ちが高ぶりすぎたのでしょう。しかし、中指を立てるというのは相手を侮辱する行為で、生放送でなければカットするかモザイクをかけるところです。そんな対応ができないことを考慮したうえで、上田が意図的に生放送中に不謹慎な行動をとったかどうかはわかりませんが、なんらかの処分があってしかるべきです。しかし、日テレにしてみれば、活動休止目前の嵐やジャニーズとは蜜月関係を崩したくないところでしょうから、表立って抗議などはしないとみられます」(テレビ局関係者)

 KAT-TUNのファンからは「上田くんらしい」「上田くんじゃなきゃできない」「予想外すぎて笑った」など擁護する意見が多く出たが、「下品すぎる」「非常識だ」「誰に喧嘩を売っているのか」「見ている人を不愉快にさせる行為」など、批判の声のほうが圧倒的に多い。

 上田にしてみれば悪意はないのかもしれないが、不特定多数の人が見ているテレビの生放送で行うパフォーマンスとしては不適切なことは間違いない。

 上田といえば2カ月前にも生放送で不適切な態度が批判を浴びたばかりだ。同じく日本テレビ系の音楽番組『THE MUSIC DAY』で、今回と同じようにジャニーズソングをメドレーで歌う企画のなか、上田は二宮和也(嵐)、二階堂高嗣(Kis-My-Ft2)、中間淳太(ジャニーズWEST)と共にNEWSの『チャンカパーナ』を歌唱。

 だが、二宮、二階堂、中間が笑顔で歌いながら踊るなか、上田は踊らずに棒立ち状態でカメラを睨みつけ、時折つまらなそうな様子でプイッと横を向いたり、ズボンのポケットに手をツッコむような仕草まで見せた。これを受けてインターネット上では、上田に対する批判の声が続出した。

「上田は“ヤンチャ系”や“オラオラ系”といわれるアウトローなイメージが売りのキャラではありますが、それでも守るべきルールはあります。ダンスを踊らないという反抗的態度が物議を醸してから日が浅いにもかかわらず、テレビ番組におけるNG行為をしたわけですから、お咎めなしというわけにはいかないでしょう。仮に日テレが何も言わなかったとしても、ジャニーズ事務所は規律を正すためにも上田になんらかの処分を下すべきでしょう」(芸能記者)

 近年、ジャニーズ事務所は社会的ルールを守らないタレントに対して厳しく接するようになってきた。上田の行為は違法ではなく、あくまでもモラルの問題でしかないが、事務所として所属タレントをどのように教育していくのか注目される。

(文=編集部)

情報提供はこちら
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合