村本大輔、茂木健一郎が『ワイドナショー』から消えた本当の理由…あの若手ジャニーズもの画像1
ワイドナショー – フジテレビ」より

 毎回、さまざまなコメンテーターが登場する人気番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)。頻繁に呼ばれる人もいれば、いつの間にか消えてしまった人も多い。今回は、その消えてしまった顔ぶれを見ていこう。

ウーマン村本の“吉本若手枠”はEXITへ

 2015年5月10日に『ワイドナ』デビューしたのが、ウーマンラッシュアワー・村本大輔だ。舌鋒鋭いコメントで話題を集め、それ以降も約1カ月おきに出演。もはや準レギュラーかというほど出ていたのだが、16年12月4日の出演を最後に出なくなってしまった。

「彼が『ワイドナ』に出たきっかけは偶然でした。それまで3回連続で出ていた『人志松本のすべらない話』(同)の打ち上げに参加した際、スタッフの中に『ワイドナ』に携わっている方がいたそうです。次に出すゲストを誰にするかという話を耳にした村本は、当時は政治的な話など一切できないどころか新聞も読んだことがなかったにもかかわらず、とりあえず『しゃべれます』と即答。そこから声がかかるようになったそうです」(テレビ局関係者)

 実際、これを機に村本は政治を勉強するが、幸か不幸か、芸人としてのスタンスも変わっていくことになる。原発、選挙、沖縄の米軍基地などの問題に誰よりも踏み込んだ発言をするだけでなく、つくる漫才にもそれが強く影響するようになった。

“炎上芸人”と言われてイジられていた頃はまだ良かったが、SNS上でアンチと激しいバトルを繰り返すことも多く、そうした事情でテレビからは敬遠されてしまったのかもしれない。そんな村本に代わって、現在、吉本興業の若手『ワイドナ』コメンテーター枠として活躍しているのがEXITだ。

「EXITもまた、村本と同じく政治については無知でしたが、徐々に勉強して持論を披露するなど、評価を得ています。村本もその“途上”にあった頃は好感を持たれていたのですが、自分が思ったことをはっきり言わないと気が済まない性分が災いしてしまいました。海外ではタレントが政治的な発言をしても許される雰囲気がありますが、あまりに本業からかけ離れた発言をすると、日本では嫌われてしまうのではないでしょうか」(同)

 そんな村本は、故・松田優作さんの長女で松田龍平・松田翔太の妹であるアーティストの松田ゆう姫との交際報道で注目を浴びている。11月26日、村本はインスタグラムに文字だけで「プライベートはほっといてくれ」と訴えている。以前であれば『ワイドナ』関係者がブッキングに動き、番組内で本人が言及するという展開もあり得ただろうが、今となってはその可能性も低そうだ。

日本のお笑い芸人を敵視する茂木健一郎

 また、持論をストレートにぶつける村本にシンパシーを感じていたと思われるのが、脳科学者の茂木健一郎氏だ。茂木氏も初期の『ワイドナ』に頻繁に出演し、番組に欠かせない「知性派」枠として活躍していたのだが……。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合