朝ドラ『おちょやん』杉咲花が演じる竹井千代のモデルとは?人気喜劇女優の壮絶な人生の画像1
NHK連続テレビ小説『おちょやん』」より

 11月30日からスタートするNHKの連続テレビ小説『おちょやん』。亡き母に代わって幼い頃から家を切り盛りする少女が、厳しくも優しさあふれる大阪の道頓堀でもまれながら成長していき、やがて女優を目指すという物語だ。

 主演は杉咲花で、「松竹新喜劇」の喜劇女優・浪花千栄子をモデルにした竹井千代役を演じる。脇を固めるのは、父親役のトータス松本、奉公先の女将役の篠原涼子、千代の夫となる天海一平役の成田凌などのバラエティ豊かな面々が揃っている。また、いしのようこ、板尾創路といった関西出身者が多いのも特徴だ。

 主人公のモデルの浪花千栄子は関西を中心に活躍した女優であり、「大阪のお母さん」という異名の持ち主。昭和を代表する人気女優のひとりだ。昭和生まれの人なら「オロナイン軟膏の看板の人」と言えばわかるかもしれないが、20~30代ではなじみのない人も多いだろう。そこで今回は、ヒロイン竹井千代のモデルとなった浪花千栄子について、簡単に紹介したい。

女中見習い(おちょやん)から人気女優へ

 浪花千栄子(本名・南口キクノ)は、現在の大阪府富田林市で養鶏業を営む家に生まれた。幼い頃に母親を亡くして、学校にも通えないほど貧しい子ども時代を過ごし、8歳で仕出し弁当屋に女中見習い(おちょやん)に出される。その後、京都のカフェーで女給(ホステス)として働くが、18歳のときに紹介された村田栄子一座に弟子入り。裏方の仕事をする傍らで、舞台にも立つようになった。

 その後、東亜キネマに移り、「香住千栄子」という名前でいくつもの脇役をこなした後、映画『帰って来た英雄』の準主役に選ばれて一人前の女優の仲間入りを果たす。続いて、帝国キネマでは「浪花千栄子」という名でさまざまな映画に出演したが、金銭的な問題などで映画界から離れた。

 昭和に入り、新潮劇を経て、2代目渋谷天外らが旗揚げした松竹家庭劇に加わり、2代目渋谷天外と結婚。脚本家の妻という引け目があって、端役ばかりを演じて不遇の時代を送るが、第二次世界大戦が終わると、松竹新喜劇の看板女優となった。また、当座長の曾我廼家十吾から徹底的に鍛えられたため、アドリブにも強くなった。

 仕事が上り調子になっている中で、自身がかわいがっていた後輩女優の九重京子と夫が不倫をしていることが発覚。さらに、その2人に子どもが生まれたことで2代目渋谷天外と離婚し、松竹新喜劇を退団した。

芸能界から失踪も奇跡の復帰、人生が一変

 千栄子は誰にも何も言わずに芸能界から離れて行方知れずとなったが、昭和の人気漫才師のエンタツ・アチャコの花菱アチャコから共演を熱望され、関係者が血眼になって千栄子を探し回った。

 京都中を捜索したが、なかなか発見できず、ついにタイムリミットが来てしまう。しかし、一行はあきらめきれず、「もう1日だけ」と捜索を延長して、偶然入ったお店で千栄子の情報をつかみ、奇跡的に発見。NHKのラジオドラマ『アチャコ青春手帖』で芸能界に復帰した千栄子は、これをきっかけに落ちぶれていた人生が一変した。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合