NEW

「競馬史上、伝説のレース」アーモンドアイ、JC優勝でも“引退しなければならない”裏事情

文=編集部
「伝説のレースに」…アーモンドアイ、JC優勝でも引退しなければならない裏事情の画像1
アーモンドアイ(「Wikipedia」より)

 またひとつ、日本の競馬界に伝説が生まれた――。

 29日に東京競馬場で行われた第40回ジャパンカップは、1番人気だったアーモンドアイ(クリストフ・ルメール騎手騎乗)が優勝。アーモンドアイは現役最後のレースで有終の美を飾る格好となった。

 アーモンドアイは2017年のデビュー以来、“現役最強馬”の名を欲しいままに。今月行われた天皇賞(秋)では昨年に続き連覇を達成し、JRAでは史上初となる芝GI・8制覇を記録。今回のジャパンカップで優勝すると、総獲得賞金ランキングでキタサンブラック(18億7684万3000円)を抜き歴代1位に躍り出ることもあり、注目されていた。

 そんな“ラストラン”にさらに花を添えたのが、強豪ライバルたちの存在だ。5戦5勝で秋華賞を制したデアリングタクト、7戦7勝で菊花賞を制したコントレイルも出馬し、史上初の無敗3冠馬同士の直接対決となり、競馬ファンの間では“伝説のレース”になると期待が膨らんでいた。

 レースは序盤、6番人気のキセキが大きく先頭を走っていたが、最後の直線でアーモンドアイは横並びだったグローリーヴェイズを抜き去りぐんぐん前へ上がり、ついにキセキを追い抜き先頭へ飛び出す。後ろからコントレイルとデアリングタクトがラストスパートをかけるも、そのままアーモンドアイは逃げ切り1着でゴールインした。

 まさに“伝説のレース”となった戦いを受け、Twitter上では次のようにファンたちの興奮の声が溢れている。

<いやー有終の美だった 感動して泣いた>(原文ママ、以下同)

<今日のレースは、紛れもなく俺の中で最高のドリームレース 無敗の三冠馬2頭に土をつけての引退でアーモンドアイは伝説となった>

<もう36回くらい繰り返しレース見直して出た答えが、こんなに沢山の名馬達が入り乱れた超ドラマティックなレース今までに見た事ないぞぉ>

<記憶に残る名レース 三冠馬が1,2,3着来るなんて そしてアーモンドアイ 素晴らしい有終の美を飾ったね ここ数年アーモンドアイには魅せられっぱなしでした!! 感動をありがとう>

<放心状態だったの しばらく競馬を見ていなかったけど 今日のは 凄かった あり得ない あり得た 流石 アーモンドアイ 優勝 有終の美を飾った>

<アーモンドアイの有終の美も素晴らしいんやけど、ワンツースリーがやばくねって話>

 そこで疑問なのは、これほどまでの強さと高い人気を誇るアーモンドアイが、なぜ引退をしなければならないのかという点だ。アーモンドアイを管理する国枝栄調教師は27日付産経新聞ウェブ版記事で「引退期限となる来年3月まで適鞍(もっとも力を出せる条件のレース)がほかにないことと、無事に繁殖に上げることも調教師としての使命」と語っているが、どういう意味なのか。スポーツ紙記者はいう。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合