レペゼン地球、醜悪エピソードが続出…脅迫されたユーチューバー多数、犯罪的行為告発もの画像1
レペゼン地球【公式】より

 12月26日に福岡PayPayドームで行うライブをもって解散すると発表している5人組のDJ集団「レペゼン地球」にまつわる批判が収まらない。

 当サイト記事『レペゼン地球、裏の顔は「ただのチンピラ」…脅迫まがいの電話をコレコレが暴露』でも紹介した、11月28日に人気配信者「コレコレ」が、レペゼンのリーダーである「DJ社長」に脅されたエピソードを明かしたことがきっかけだ。

 コレコレによると、ユーチューバー「へずまりゅう」が今年3月に人気ユーチューバー「がーどまん」とトラブルになった際、コレコレがへずまを擁護するかのような発言をしたことに腹を立てたDJ社長が、コレコレに対して二度とレペゼンに関わるなとの主旨のLINEを送ってきたという。それを受けてコレコレが「こちらのラインは生放送でご紹介させていただきます」と返すと、DJ社長は「お前のことをマジで全力で潰そうと思っている。でも、俺らはそんな暇ねえから今回しないでおいてやる」と、脅迫まがいの電話をかけてきたという。

 ところが、その通話を録音していることを告げると、「いやちょっと勘弁してほしいです。マジで。なんでもするんで」と謝り始め、コレコレは拒否していたものの仲介に入った人たちの顔を立て、コレコレとレペゼンがコラボするという条件で和解。さらにDJ社長は「晒さないでもらえて、本当にありがとうございます」などと急激に低姿勢になり、謝罪を繰り返した。

 だが、コレコレが制作するミュージックビデオに出演を打診したもののレペゼンは拒否。さらに近く解散を発表したことから、約束が反故にされたとして告発。コレコレは、絶大な人気を誇るレペゼンのことを評価しているものの、裏の顔は「ただのチンピラ」と酷評していた。

 この告発を受けてか、レペゼンはコレコレ側に接触した模様。コレコレが12月1日に配信したところでは、レペゼンはコレコレの所属事務所(ライバー)の社長と仲が良く、社長を経由して「ライブが終わるまで触れないでくれ」と依頼があったと暴露。騒動が大きくなってライブが中止に追い込まれるような事態を危惧しているのではないかと推測する。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合