NEW
相原孝夫「仕事と会社の鉄則」

ソフトバンク・4連勝で見えた中畑清と工藤監督のインテグリティ…巨人OB評論家との差

文=相原孝夫/HRアドバンテージ社長、人事・組織コンサルタント
ソフトバンク・4連勝で見えた中畑清と工藤監督のインテグリティ…巨人OB評論家との差の画像1
福岡ソフトバンクホークスのインスタグラムより

 今年はコロナ禍により、プロ野球のシーズン開けも遅かったことで、日本シリーズも例年よりも1カ月ほど遅く、初冬に差し掛かる11月下旬に行われた。やはりと言うか、選手の総年俸額が1位の福岡ソフトバンクホークスがパ・リーグを制し、同2位の読売巨人軍(ジャイアンツ)がセ・リーグを制した。やはりお金の力は大きいといわざるを得ない。しかし、ロッテは総年俸額が最下位であるにもかかわらず、最後の最後まで見事な戦いをし、優勝争いをした。同じ予算で勝負したならば、ロッテが他を圧倒して優勝したに違いない。

 日本シリーズの結果は、昨年と同様、ソフトバンクの4連勝に終わった。シリーズの期間中、ネット上やスポーツ紙上は、ジャイアンツへの批判や非難で溢れていた。特に、ジャイアンツOBと称される評論家たちのコメントが多く取り上げられていた。その内容は、ジャイアンツを応援しようという気持ちが伝わるようなものではなく、単なる批判やダメ出しに終始するものが大半を占めた。始まる前から、辛辣な批判を続け、終わった後にも批判を繰り返していた大物OBとされる人物もいた。

 このように出身母体または後輩たちに批判を浴びせ続けるという行為は、ビジネスの世界や政治の世界でも見られることがある。元経営者や元大臣などが、現体制にいろいろと物を言いたがる。しかし、まったく聴く耳を持ってもらえないような場合、自尊心が傷つくのか、事あるごとに批判を繰り返すだけの存在となってしまう。これと似たような構図なのであろうか。聞いていて気持ちのいいものではなかった。選手たちの先輩であるOBたちがこぞって批判する姿は、球場まで足を運び、必死に声援を送り続ける子どもたちには、どのように映ったのであろうか。

 そのようななか、ただ一人、終始温かく応援し続けていたジャイアンツOBがいた。中畑清氏である。他のジャイアンツOBたちがこぞってソフトバンクの勝利を予想したなかで、唯一、ジャイアンツの勝利を予想した。ソフトバンクの圧倒的な投手力を見れば、勝つことは容易ではないことは素人目にもわかる。しかし中畑氏は、他のOBたちから、そして世間から嘲笑されることを覚悟の上で、あえて巨人の勝利を掲げ続けた。

 むしろ、選手たちと一緒に非難を浴びるならば、それは本望だというくらいの潔さだった。ジャイアンツが3連敗した後にも、ただ一人、温かく「まだまだここからだ」と奮起を促していた。誠に“あっぱれ”である。

「インテグリティ」

 ビジネスの世界で最近多く使われるようになってきた言葉に、「インテグリティ」という言葉がある。非常に日本語訳しづらい言葉だが、「高潔さ」と訳されることが多いようだ。この重要な資質こそ、中畑氏と他の評論家たちとを分けるものであったと思われる。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合