NEW
黒川智生の「アパレル、あばれる」

アパレル業界の裏側…“今年のトレンド”はどのように“つくられて”いるのか?

文=黒川智生/VMIパートナーズ合同会社代表社員
【この記事のキーワード】

, ,

アパレル業界の裏側…“今年のトレンド”はどのように“つくられて”いるのか?の画像1
画像:PIXTA

 11月後半から、本来であればアパレルの売場は“あばれている”はずである。気温も下がり、ブラックフライデー、ユニクロの誕生感謝祭と洋服を買うキッカケも増えている。従来、11月23日の勤労感謝の日を含む週では、コートなどの大物が多く売れる時といわれてきたのだが、ここ数年は11月の気温が高めに推移し、かつ、このコロナ禍である。「何か新しいのを!」というのは、一部のアウトドア関連、コートの下に着るセーター、肌着類となり、とても“あばれている”とは言えなかった。

 アパレル業界では、商品の仕入れ計画が春夏、秋冬と大きく2つのシーズンで立てられる。そして、シーズンの後半では、もろもろの状況変化(お客様の気持ち、気候など)に対応できるように柔軟な構成を用意していく。それまでの在庫品とも組み合わせることができるようにしたり、売場への新しい商品の種類を少し増やして反応を見てみたり、などなど。「12月後半から1月のセールで売れば」と思っていても、近年は値段が下がって売れるものは限られており、むしろ次を探し始める。

 そこで、12月になった今週では、駅ビルの若者向けブランドや、郊外モールで大きな売場をもつブランドで、「冬素材、春カラー」の商品も投入されていく。ある時期に買っても、なるべく長く着ることを求めるお客様に対応するためで、これが一定の割合を占める。徐々に売場が変化していくのである。ということは、その後の商品も、消費者からはあまり見えないところで計画されている。ブランドサイドが来年の春の商品を考える時、

「現在のお客様の感情、ニーズはどうか?」

「新しい動向(素材・技術・トレンド)をどう解釈するか?」

「今年の春は各店舗で休業を余儀なくされたが、それは来年にどの程度戻るのか?」

などの前提条件を考えつつ、商品を具体化していく。「ECがさらに伸びている」とか「ビジネス向け商品で無難なものはいらない」など発注数量に関係する要素やその影響を明らかにする必要もあり、商品の担当者としては、実は頭の痛い時期なのだ。

 平行して、多くの繊維商社では展示会を開き、各ブランドへの新規素材、商品の提案を重ねていく。繊維商社といっても一般の消費者には耳慣れないが、素材を商品化する過程を複合的に行う商社で、多くのブランドと取引し、そのブランド名の商品タグで製造を請け負う。

製品化に至る過程

 今回は、そのなかの一つ、クロスプラス株式会社の春夏展(婦人物)での提案をいくつか紹介したい。

アパレル業界の裏側…“今年のトレンド”はどのように“つくられて”いるのか?の画像2
筆者撮影
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合