NEW

渡部建・会見、100分中70分が不毛な時間…中身ゼロの問答連発で『ガキ使』復帰はどうなる?

文=編集部
渡部建・会見、100分中70分が不毛な時間…中身ゼロの問答連発で『ガキ使』復帰はどうなる?の画像1
謝罪会見を行うアンジャッシュ・渡部建(写真:REX/アフロ)

 妻が女優の佐々木希でありながら、多目的トイレで複数の女性と情事に及んでいたアンジャッシュ・渡部建が“文春砲”を浴びたのは今年6月のことだ。それから半年、謝罪会見を開かないまま、年末の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の「絶対に笑ってはいけない」シリーズで復帰を果たそうとしたことがバレて、再炎上した。

 そして、12月3日についに渡部の会見が開かれた。100分に及ぶ会見は全体的によくわからなかったが、その理由やキラリと光った点について紹介したい。

詳細を省いて“とりあえず謝る”渡部方式

 芸能リポーター側の「謝罪会見なしで、しれっと『ガキ使』で復帰しようとしただろう」という追及に対し、渡部もさっさと認めてしまえばいいのに、「最初に謝罪会見をしてから、それから復帰をする」という回答にこだわった。そのため、「いや、『ガキ使』撮ったんだよね?」という芸能レポーター陣と渡部の不毛な問答が、100分中70分を占めていた。

 ただ、渡部も「放送前の番組について話すことはできない」としており、これは致し方ないように思う。この会見を一番真剣に見たのは、年末の『ガキ使』で渡部のシーンを流すかどうか見極めなければならない、日本テレビ関係者だったのではないだろうか。

「複数人と多目的トイレで1回1万円」の詳細な追及も見られたが、具体的に答えるとヤブヘビになることを恐れたのか、全体的に渡部の反応は「具体的なことは答えず、とりあえず謝る」だった。今後、詳細を説明するとかえって怒られそうなことを謝罪するときは、この渡部方式を取り入れてみるといいかもしれない。

 渡部が「『ガキ使』については何も言えない(そもそも渡部からは「ガキ使」という言葉は一切なし)」&「とりあえず謝る」という対応だったため、何を聞かれても同じような返しになってしまい、凝縮すれば5分で済むような内容だった。しかし、おっ、と思うような質問や対応が数点あったのでお伝えしたい。

1.「ガキの使いじゃないんだから……」男性レポーターのドヤ質問

 あまりに渡部が「ガキ使」について明言せず謝る、という対応を繰り返していたため、ある男性レポーターが「(私たちは)ガキの使いじゃないんだから……」と質問していた。おそらく、今回のテーマを知り、事前に温めていて、どこかで出してやろうと目論んでいたネタだったのだろう。あいにく、そのときの男性リポーターの顔は確認できなかったが、その表情は「ドヤ」だったのではないだろうか。

2.性依存症については否定する渡部

 100分(そのうち70分は不毛な質問)の中で一番冴えていたのは、前述のドヤ質問ではなく、あるリポーターによる「あなた(渡部)は性依存症ではないか?」という質問だった。性依存症といえば、かつてはタイガー・ウッズが治療施設に入院したこともある。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合