「会社はトップの器以上には…」イノベーションを起こす気鋭の起業家が明かす経営哲学の画像1
※画像:『獅子奮迅 次世代ビジネスのイノベーター』(幻冬舎刊)

 1年間にどのくらいの会社(法人)の数が設立されているか知っているだろうか。2019年の「全国新設法人動向」によればその数なんと13万1292社(*1)。単純に日割りすると1日約360社もの法人が誕生していることになる。


 しかしその後、理想的な成長曲線を描いていける会社はほとんどない。10年後の会社生存率はわずか6.3%。100社立ち上がっても、10年後には6社しか残っていない計算だ。その中で急成長を続け、さらにイノベーションを巻き起こす企業の経営者は一体どんなことを考えているのか。


 2015年、オーラルケアビジネスをフィールドとする株式会社シャリオンを立ち上げ、瞬く間にメディアを中心に話題に。2019年にはアジアの注目企業100に選出されるなど、注目を集める経営者・角田哲平氏が執筆した『獅子奮迅 次世代ビジネスのイノベーター』(幻冬舎刊)には、その半生とともに、会社やビジネスに対する考え方、そしてイノベーションの起こし方についてつづられている。


 ここでは角田流「経営哲学」の一部をご紹介していこう。

 

■利益は理念を叶える手段に過ぎない


 会社にとって利益は重要だ。利益を上げなければ、事業を継続することはできない。しかし、利益こそが会社にとって最も大事なのかと問われると、そうではないようだ。


 角田氏は会社をヨット、経営者を船長に例えて、経営の本質を説明する。


 そのヨットがどこに向かっているのか。その向かうべき方向を示すのが「理念」だろう。なぜ自分はビジネスをするのか、事業を通じて誰を幸せにしたいのかから生まれる「理念」は、迷ったときに立ち戻れる原点でもある。


 一方、ヨットが向かうべき方向に進むためには風が必要だ。追い風がなければヨットは前に進まない。この追い風こそが会社にとっての「利益」である。


 ならば会社を推進する利益こそが最も大事なのではないか?


 確かにそれは重要だが、ヨットで航海する理由は、進むべき方向へ進み、目的地に辿り着くことであり、猛スピードで方向も分からず前に進むことではない。それは経営も同じだ。利益を出すことが目的化すると、会社の未来の姿が分からなくなる。


 利益は重要だ。しかし、社会に役立つために立ち上げたはずの会社が、利益を最優先するあまり、周囲を犠牲にしたり、社内の人間たちを疲弊させてしまい、社会の役に全く立てなくなるということが起こりえる。そうなると、協力してくれる人も取引先も離れ、持続的な成長は不可能になるだろう。


 経営者はその会社の本質を見失わないことが大切なのだ。

 

■会社はトップの器以上のものにならない


 経営者となって5年、角田氏は「経営者としてまだまだ未熟であり、学ぶべきことがたくさんあります」と自省する。特に角田氏は、創業経営者であり、自身の色が組織のあり方に強く濃く出てしまう。自分自身の振る舞いが、良くも悪くも組織に影響を及ぼすのだ。


 「会社はトップの器以上のものにはならない」と角田氏は言う。


 だからこそ、経営者として意思決定をするときに決してブレない軸を決める。角田氏の場合は「人として正しいかどうか」だという。いい話があっても、少しでも倫理的に問題があるなら、それは手を出さない。


 誠実さを積み重ねていくことが、経営者としての器の大きさにつながる。角田氏はそう考えているという。そのために、日々、自分を磨き続けているのだ。

RANKING
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合