【面白動画】ある高校の合唱コンクールで大爆笑→感動…生徒たちは大マジメなのになぜ?の画像1
「【音楽男子】MKチャンネル」より

 新型コロナウイルスが三たび感染を拡大させており、日常生活が戻ってくる気配は感じられない。それは大人の世界のみならず、子どもたちの学校生活にも大きな影を落としている。

 兵庫県市川町では11月20日に同校の体育館で合唱コンクールを行ったのち、22人が新型コロナに感染したことから、クラスターが発生したと判断し、同月30日まで休校を発表。しかし、さらに3人の陽性者が確認されたことから、12月6日まで休校措置を延長すると発表している。

 このように、かつては当たり前のように行われていた行事でさえ、今は簡単に開催することができなくなってきている。そんななか、あるYouTubeチャンネルにおいて公開された動画が話題を呼んでいる。

 その動画は、神奈川県川崎市立幸高等学校の合唱コンクールで、あるクラスが中島みゆきの代表曲『糸』を合唱する様子を映したものだ。アカウントの保有者は、動画を公開した理由をこう記している。

「今年はコロナでどこも合唱ができず大変な時代になってきましたが、少しでも元気になってもらおうと1年前のこの動画を出させていただきました。少しでも楽しんでいただければ幸いです」

 合唱が始まってしばらくは、なんの変哲もない高校生の合唱風景。しかし、1フレーズを歌ったあたりから、会場がざわつき始める。それは少しずつ大きくなり、サビに入る前にはどよめきに変わり、「縦の糸はあなた、横の糸はわたし」と歌う頃には大きな笑い声が出るようになる。

 

 笑いが起きた要因は、指揮を務めた生徒の大胆なパフォーマンスにある。いわば強制参加の学校行事で、特に合唱コンクールの指揮者は、ともすれば“やらされている”感の出やすいものだ。しかし、この動画では、全身を使ってダンスを踊るがごとく指揮をする生徒が映っている。

 会場の視線を集め、笑いを取る目的も多少はあるだろう。それでも、最後まで全力で指揮を行い、歌うクラスメイトたちも真剣に声を出している。

 動画を見た視聴者からは、絶賛する声が相次いでいる。

「指揮ってこんなに自由で豊かで楽しいものだったんだな」
「大人になった今だからわかる。この指揮者の方は最高にかっこいいよ」
「指揮者の子は物凄い表現者だと思う。いや、みんな凄いけど」
「全員が笑わないで真剣にやってるところを見ると、笑いも起きなくなるまで真剣に、何回も何回もみんなで練習重ねたんだなっていうのがわかる。集中しててすごい。こういうパフォーマンスができるのは本気だからだと思うし、いいクラスだなぁ」
「やっぱり恥ずかしいとか思わずに自分の意思を堂々と貫ける人ってカッコいいよね」
「指揮は独特だけど、真剣さ一生懸命さが伝わってうるっとしてしまった」

 そんななか、「指揮者の彼は素晴らしい指揮と思う。クラシックでも大きなアクションは普通だし指揮者で曲は変わるから」と、技術的な意味で指揮者を褒めるコメントがある。そこで、プロの指揮者にこの動画を見てもらった。当サイトで「世界を渡り歩いた指揮者の目」の連載を持つ篠崎靖男氏は、以下のような見解を示す。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合