NEW

寺田心くん、ブックオフCMで「あざとい」「プロっぽい」印象を逆手に? CM起用社数ランキング大躍進のワケ

サイゾーウーマンより】

寺田心くん、ブックオフCMで「あざとい」「プロっぽい」印象を逆手に? CM起用社数ランキング大躍進のワケの画像1
ブックオフ公式サイトより

 子役の寺田心くんが、このほど発表された「2020タレントCM起用社数ランキング」で大躍進を遂げた。これは、メディアの調査・分析を担う「ニホンモニター株式会社」が例年この時期に発表するランキングで、その年の1~11月に出稿されたCMから割り出されたもの。男性部門の1位から5位までを活動休止を控えた嵐のメンバーが独占したことが注目されたが、彼らに続く第6位に心くんが入り込んだことも話題を集めている。

「昨年のCM起用は7社で、トップ10圏外だった心くん。今年は10社に増え、嵐に次ぐ6位となりました。同率の6位には他に賀来賢人、竹内涼真、田中圭と人気俳優が並ぶ中、現在小学校6年生の心くんはひときわ異彩を放っており、ネット上での注目度が高まっています」(芸能ライター)

 心くんが起用された10社の内訳には、NTTドコモ、呉工業、サントリー食品インターナショナル、サントリーホールディングス、サンヨー食品、スズキ、東京ガス、TOTO、日本マクドナルド、ブックオフコーポレーションと誰もが知る大手が並ぶ。サンヨー食品やTOTOは2015年から、呉工業は17年から心くんを起用し続けており、スポンサーと信頼関係を築いていることもうかがえる。

「これらの中でも話題性が高かったのは、中古書籍などを扱う『ブックオフ』のCMではないでしょうか。特に19年公開の、心くんが店員に扮した『本だけじゃないブックオフ!』シリーズは、涙と笑顔を巧みに使い分けて客を手玉に取る演技、『本ねぇじゃん!』『冗談よしてや~!』などの大仰なセリフ回しにより、ネットで“バズる”ことに。

 続きを【サイゾーウーマン】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合