NEW

渡部建、年内復帰計画が白紙に、芸能界引退が不可避か…『ガキ使』出演カットの可能性も

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
渡部建、年内復帰計画が白紙に、芸能界引退が不可避か…『ガキ使』出演カットの可能性もの画像1
謝罪会見を行うアンジャッシュ・渡部建(写真:REX/アフロ)

 文字通り“物議を醸す”記者会見となった――。

“多目的トイレ不倫”騒動で活動自粛中のお笑いタレント・渡部建(アンジャッシュ)が3日、記者会見を行った。

 黒のスーツとネクタイといういで立ちで会見に挑んだ渡部は、約1時間40分にわたり、終始大粒の汗で顔を濡らし、今にも泣き出しそうな表情で謝罪の言葉を繰り返したが、「私の口からは言えない」という回答を連発したこともあり、「なんのための会見だったのか」と疑問の声も広がっている。

 その一方、「(私たちは)ガキの使いじゃないんだから」「何人と(不倫を)していた?」「報道後、多目的トイレは使用したか?」などと、渡部を“おちょくる”ような質問を頻発していた記者たちにも、“単なるイジメ”だとして批判の矛先が向いている。

 たとえば俳優の坂上忍は4日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)内で、「ああいうかたちで渡部くんを嘲笑するやり方は、あってはならない」「使いどころを自力でつくるみたいなやり方は、ちょっと許せなくなっちゃった」「あなたたち、どんだけ偉い人なんだと映っちゃった」と報道陣を厳しく批判。

 お笑いタレントの加藤浩次も同日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)内で、「渡部を小馬鹿にするような感じがあった。それ絶対ダメだと思う。そこってなんなんだよと。なんでマウンティングしちゃってるの? 気持ち悪くねえかって」と厳しい言葉で記者たちへの怒りを露わにした。

 そんな同情の声も寄せられている渡部だが、大みそかに放送される『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけない大貧民 GoToラスベガス24時!』(日テレ系)へ出演するとも報じられており、今回の会見でもその件に関する質問が出ていたが、渡部は明言を避けた。さらに会見を受け、出演シーンがカットされる可能性も出ているとも一部では報じられているが、日本テレビ関係者はいう。

「渡部が出演する場面の収録はすでに終わっているが、予定どおり放送されるのか、その部分がカットされるのかは、まだ決まっていない模様。大掛かりな撮影となる『笑ってはいけない』の制作には、渡部がレギュラー出演していた『行列のできる法律相談所』の制作班も参加しており、渡部の出演は『行列』の上のほうのスタッフからオファーしたもの。

 渡部出演の情報が漏れ、世間からは予想以上の反応がわき上がり、制作陣も驚いている。もし渡部のシーンを放送すれば、スポンサー企業に視聴者からクレームが行く事態も想定され、それを恐れて営業部としては渡部の出演には反対。一方、制作サイドとしては、局側から出演オファーしておいて“やっぱり、なしで”というのは業界のルールに反するし、何より視聴率的にもお蔵入りは免れたい。ということで局内でも、まだ結論が出ていない。ただ、まだこの状況のなかでフライング気味で渡部にオファーをしてしまったスタッフに対しては、局内で“何をやってるんだ”という厳しい声が出ている」

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合