明石家さんまが“レギュラー番組0本”になる日…視聴率好調の『さんま御殿』に潜む死角の画像1
明石家さんま

 明石家さんまが、あきらめ気味に言った。「とうとう来たか、そういう波が」。

 これは、11月21日に放送されたラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(MBS)で飛び出した発言だ。

 この日、さんまは、22年続くMBSの長寿番組『ちちんぷいぷい』が2021年3月で終了することに触れ、「来年から制作費もかなり少なくなる、テレビ的にはね。たぶん、ラジオも余波を食らうやろうけど。大変になるよ、コロナのせいって言ったらなんですけど」と言及。コロナ禍による広告収入の落ち込みにより、テレビ・ラジオを取り巻く環境はさらに厳しさを増す、と予想したのだ。

 一方で、さんまが携わるレギュラー番組も決して安穏としてはいられない状況だという。現在、関東のレギュラーは『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)、『ホンマでっか!?TV』『さんまのお笑い向上委員会』(ともにフジテレビ系)の合計3本。最近は好感度が落ちているとも言われるさんまだが、レギュラー番組はどのような状況なのだろうか?

好調『さんま御殿』の唯一の死角

 まずは『さんま御殿』から見ていこう。12月1日放送の個人視聴率は7.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と同時間帯でトップ。わかりやすいように、他の日テレの代表的な番組の個人視聴率と比較してみよう。

 11月29日の『ザ!鉄腕!DASH!!』は8.2%、同日の『世界の果てまでイッテQ!』は9.5%。また、最近は月曜19時の時間帯で“無双状態”となっている『有吉ゼミ』の11月30日が8.0%。これらと比べると『さんま御殿』はやや劣るが、評価できるのは、さんまという個人の冠番組という点だろう。

「タレントによる単独司会のトーク番組でこれだけ数字を取っている番組は、『さんま御殿』だけと言っても過言ではないでしょう。ちなみに、他のゴールデン・プライム帯のトーク番組で言えば、さんまが一目置いているくりぃむしちゅー・上田晋也による『おしゃれイズム』の11月29日は5.1%、翌30日の『しゃべくり007』が6.1%。いずれも22時台と時間帯が違うので一概には比べられませんが、23年続いている『さんま御殿』が、これだけ高い水準を保っているのはすごいですね」(芸能ライター)

 しかし、そんな『さんま御殿』にも死角がないわけではない。たまに物議を醸すのが、さんまの“男女観”だ。時には女性蔑視と揶揄されるなど、槍玉に挙げられている。11月10日の放送では、「最悪だった男の言動」というテーマでトークが進んでいたのだが……。

「女性視聴者からの投稿VTRで、デート中に胃が痛くなってしまったことを告げると、彼氏から『えーっ!?……飯どうしよっかなぁ。俺は食って帰るけど、お前ひとりで帰れる?』と言われたという怒りのエピソードが紹介されました。このVTRを見たさんまは、なぜか共感。『(相手の様子を)見てたら“(自分で)家には帰れるな”と思う』と話し、『(彼女を置いてでも)行きたいところもあるし』と主張。これには女性陣も『えーっ!? デート中ですよ』とドン引き。ゆきぽよが『おうちまで送り届けるとか、少しゆっくりカフェに入って温かい飲み物いる? とか(優しさを見せてほしい)』と言うと、朝日奈央も『それ、それ!』と激しく同意していました」(同)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合