NEW
垣田達哉「もうダマされない」

年末、鶏肉が高騰・卵が品不足の懸念、鳥インフル拡大で…狙い目は和牛の中クラスか

文=垣田達哉/消費者問題研究所代表
【この記事のキーワード】

, ,

年末、鶏肉が高騰・卵が品不足の懸念、鳥インフル拡大で…狙い目は和牛の中クラスかの画像1
「Getty Images」より

鶏肉が高騰する可能性

 11月に入り、国内での高病原性鳥インフルエンザが頻発している。11月5日に香川県で第1例目が発生してから、福岡県、兵庫県、宮崎県、奈良県、広島県と相次いで発生が確認され、12月8日現在、6県で19例が確認されている。香川県10例、宮崎県5例、福岡県と兵庫県、広島県が共に1例である。1カ月もたたないうちに、西日本で6県17例に広がるというのは、感染拡大のペースが速すぎる。6県19例で殺処分された鶏は、236.7万羽にものぼり過去最高となっている。

 6県のなかでも全国の消費者にとって一番心配なのが宮崎県だ。わずか8日間で5農場と、発生の連鎖が止まらない。宮崎県は、肉用若鶏(ブロイラー)の飼養羽数が日本一。12月1日に日向市、2日に都農町、3日に都城市、7日に都城市、8日に小林市と、毎日離れた地域での発生が確認されている。

 発生した地域では、養鶏場の半径3km以内の移動制限区域では少なくとも21日間は移動ができなくなり、3~10km以内の搬出制限区域では、少なくとも10日間は区域外への搬出ができなくなる。

 12月2日に発生が確認された宮崎県都農町の場合、発生した農場の移動制限区域内では約87万羽、搬出制限区域では約546万羽が飼養されている。移動制限区域内の87万羽は、防疫措置が完了後21日間新たな発生がない限り出荷はできない。546万羽は防疫措置が完了後の10日後に、すべての農場での検査結果が陰性にならなければ制限区域外への出荷はできない。12月1日に発生が確認された日向市の場合、搬出制限区域内では約78万羽が飼養されている。

 このまま宮崎県全体に感染が広がると、宮崎県から全国への搬出ができなくなるので、日本全体の国産鶏の出荷量がかなり減ることになる。隣の鹿児島県は、肉用鶏の飼養羽数は宮崎県に次いで全国2位。鹿児島県まで感染が広がると、国産鶏の供給が相当数減ることになる。

 それでなくても、今年の鶏肉の市場価格は、例年に比べて高くなっている。新型コロナウイルスの影響で外食産業の需要は減っているが、ブラジルやタイからの輸入量を減少させることで供給量が調整されている。

 一方、巣ごもり需要は続いているので、小売店などでは、牛肉や豚肉より安価な鶏肉の人気が高く、鶏肉(もも肉、むね肉)の市場価格は、5月以降毎月のように昨年比で10%以上値上がりしている。外食産業での需要が下がっても輸入量を減らすことで、鶏肉全体の供給量のバランスを取っているので、鶏肉が市場でだぶついているわけではない。そのため、小売店などでも鶏肉の値下がりは起きていない。

 鶏肉の自給率は、64%と食肉のなかでも一番高い。しかも、家庭での消費は国産鶏のほうが多いので、輸入鶏肉が減少しても市場価格への影響はほとんどない。そのため、鳥インフルエンザの影響で国産鶏の供給が少なくなれば、当然、小売店などの店頭価格は高騰することになる。クリスマスから年末年始は、一年でももっとも鶏肉の需要が高い時期だ。しかも今年は、コロナ禍で年末年始の飲食店での忘年会や新年会需要が極端に減り、家庭での需要が大幅に高くなるだろう。そうなると、小売店などでは店頭価格を下げなくても売れる。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合