片田珠美「精神科女医のたわごと」

小室圭さん親子「借金900万円」報道…眞子さまの結婚一時金を“あてにしている”可能性

眞子さまと小室圭さん(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

 秋篠宮さまは、長女の眞子さま小室圭さんの「結婚を認める」と誕生日会見で発言されたが、宮内庁に抗議電話が殺到するなど批判の声が高まっているようだ。そのさなか、12月10日発売の「女性セブン」(小学館)と「週刊文春」(文藝春秋)で小室家のさらなる金銭問題が報じられた。

 まず、「女性セブン」によれば、小室さんが私立の国立音楽大学附属小学校に通っていた小学4年生のときに、父親が自殺したため、学校側は大黒柱を失った小室家に奨学金を出すことにしたという。この小学校には、保護者や教職員などが組合費を支払う「友愛会」という互助組織があり、その積立金のうちから奨学金を捻出することにしたのだ。

 金額は、5年生と6年生の2年間で約120万円のようだが、無利子の貸与型なので、もちろん返済の義務がある。ところが、母親の佳代さんは周囲に「返済期限は決まっているけど、無利子だし、返さなくてもいいのよ」と話していたらしい。

 また、「文春」は、元婚約者の男性に生命保険の「受取人は私に」と執拗に迫ったとか、この男性と正式に籍を入れなかった一因として<私にとって結婚=主人の遺族年金を無くす事>が大きかったとか報じている。

小室さん母子は<例外者>

 一連の報道が事実とすれば、小室さんの母親は金銭への執着が人一倍強く、「借りたお金であっても返さなくていい」という認識が約20年前から続いているように見える。そもそも、「借りた」ということをきちんと認識しているのか疑問である。

 小室家のこうした認識は、この連載で繰り返し指摘してきたように、母子が<例外者>だからだと思う。<例外者>とは、子どもの頃に味わった体験や苦悩ゆえに「自分はもう十分に苦しんできたし、不自由な思いをしてきた」と感じており、「これはひどく不公正なことだ。自分は不利益をこうむったのだから、例外的な特権を求めてもいいはず」と思い込んでいる人間である。

 何を「不公正」と感じるかは人それぞれである。容姿に恵まれなかった、貧困家庭に生まれた、親に愛されなかった……など、本人が不利益をこうむったと感じ、運命を恨む権利があると考えれば、それが自分は<例外者>だという思い込みにつながる。

 小室さんの場合は、やはり父親の自殺だろう。また、佳代さんの場合は、母親(圭さんにとっては祖母)が難病を患い、決して裕福とはいえない境遇で育ったことだろう。それによって小室さん母子が背負った苦労は、はかりしれず、結果的に「自分たちが苦労した分、あらゆる損害賠償を求める権利があるはず」と思い込むようになったとしても不思議ではない。

編集部イチオシ企画
Pick Up News

RANKING

連載

ビジネス

総合

SNS