NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

『恋する母たち』強烈なのに女性たちが共感する理由…賛否が分かれる“危うげなドラマ”に

文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト
【この記事のキーワード】

, , , ,

『恋する母たち』強烈なのに女性たちが共感する理由…賛否が分かれる危うげなドラマにの画像1
金曜ドラマ『恋する母たち』|TBSテレビ」より

 終盤を迎えた今だからこそ、『恋する母たち』(TBS系)というタイトルがより危うげに見えてくる。コロナ禍の深刻さが増す中、いい大人が恋にうつつを抜かしていていいのか。それとも、こういう時期だからこそ、ドラマくらいはファンタジーとして背徳の恋を描くべきなのか。

 賛否が分かれた分、視聴率はかなり低いが、ネット上の声を見る限り、「刺さる人には深く刺さるドラマ」となっているのは間違いなさそうだ。実際、ツイッターには女性たちが楽しみを共有するように書き込まれたコメントが多く、たとえば赤坂剛(磯村勇斗)がホテルで“全裸待機”したシーンなどのツッコミどころも含めて、熱の高さを感じさせる。

 そんな危うげなドラマを手がけたのは、『東京ラブストーリー』『Age,35』『小早川伸木の恋』『同窓生~人は、三度、恋をする~』らを手がけた原作者・柴門ふみと、『四つの嘘』(テレビ朝日系)、『セカンドバージン』(NHK)、『コントレール~罪と恋~』(NHK)、『知らなくていいコト』(日本テレビ系)らを手がけた脚本家・大石静。これらはいずれも不倫を扱った作品であり、あらためて女性の業を描く上で、これ以上ないコンビの作品と言える。

 2人の作品に共通しているのは、リアリティ度外視のショッキングな展開やシーンを連続させながら、それでいて女性の共感を集めてしまうこと。つまり、それだけエンタメ性が高い書き手なのだが、前回放送の第7話でも「もはや行き止まりか……」と虫の息だった3人の恋がにわかに好転するシーンを描いて、女性の心をグッとつかんでいた。

ハッピーエンドに向かう母たちの恋

 まず目を引いたのは、今昔亭丸太郎(阿部サダヲ)による「きっと息子も、まりちゃんや、まりちゃんの子どもたちと仲よくできる気がするんだ。結婚しよう」というプロポーズ。これに蒲原まり(仲里依紗)は、「ありがとう。丸太郎さんと結婚したい。でも今は弱り切っている夫を見捨てることができない。夫が立ち直ったら離婚する。だから待っててほしい」と今できる精一杯の返事で答え、丸太郎は、「弱っている男を見捨てられないか。任侠だね。惚れ直したよ。いつでもおいで、待ってるから」と大人の余裕を見せた。

 次に、石渡杏(木村佳乃)を含めた3人で飲んだ帰り道、ずっと会えなかった寂しさを埋めるように、タクシーの車内で静かに、でも強く指を絡める林優子(吉田羊)と赤坂。優子を見送るときも赤坂は、あきらめ切れないような表情を見せていた。

 極めつけは、第7話終盤で見せた杏と斉木巧(小泉孝太郎)のやり取り。斉木は杏の通うヨガ教室に潜り込み、「一緒にいるとイライラするんだけど、会えないともっとイライラするから会いに来たんだ」と声をかける。さらに、「必ず(試験に)受かって建築家になる。2年の間、収入は少なくなるけど、俺のそばにいてくれないかな。気難しいこと言わないようにするから」と破局宣言から一転してプロポーズし、杏は「(吹き出しながら)うふっ……はい」と受け入れた。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合