【確認中】忠臣蔵、「吉良を処罰するなんてムリ!」という幕府の論理を考える…浅野がブチギレたワケの画像1
江戸時代末期の浮世絵師・歌川国芳による「忠臣蔵十一段目夜討之図」。歌舞伎の演目「仮名手本忠臣蔵」の十一段目、吉良邸討ち入りの場面が描かれている。(画像はWikipediaより)

江戸城・松の廊下の刃傷事件

 12月14日といえば、忠臣蔵の日である。

 元禄15年12月14日(1703年1月)、本所松坂(現在の東京都墨田区両国のあたり)の吉良邸に赤穂浪士が討ち入り、元高家肝煎(こうけきもいり)の吉良上野介義央(きら・こうずけのすけ・よしなか/よしひさともいう)を討ち取って、主君・浅野内匠頭長矩(あさの・たくみのかみ・ながのり)の仇討を果たした。

 その前年の元禄14年3月14日、江戸城松の廊下で吉良が浅野によって突然斬りつけられた。

浅野内匠頭が吉良上野介を斬りつけたのは、なぜ3月だったのか?

 江戸幕府には高家(こうけ)という、儀式を司(つかさど)り、朝廷や伝統のある寺社などとの交渉を担当する役職があった。幕府は毎年正月に高家を京都朝廷に派遣して年始の挨拶を行い、3月頃にはその返礼として京都から勅使が江戸に下向して幕府に挨拶をする慣習があった。

 天和3(1683)年に高家衆の統括役として高家肝煎が設置され、3人が選ばれた。京都朝廷への年始挨拶は、高家の職務のなかでも重要と考えられていたらしく、それ以降は高家肝煎が担っていた。

 元禄14年の朝廷への年始挨拶は、高家肝煎・吉良義央が担当した。

 1月11日に江戸を立ち、2月29日に江戸に戻って将軍・徳川綱吉に拝謁(朝廷への年始挨拶では、出立および帰府の際に将軍に拝謁し報告することが慣例となっていた)。

 朝廷からの答礼の勅使・院使(天皇および上皇からの使者)が3月11日に江戸に到着した。京都朝廷から公家が下向してくると、江戸幕府は将軍の使者として、老中・高家肝煎が宿所を訪れて慰問した。また、高家の指導のもと、勅使を饗応接待する馳走役(ちそうやく)として、5万石くらいの大名が任命された。浅野長矩のほかには、伊予吉田藩主・伊達村豊(むらとよ)が任命されていた。

 3月12日、江戸城で勅使・院使が将軍・綱吉に拝謁する。

 3月13日、勅使・院使を饗応するための猿楽(さるがく)が催された。

 3月14日、勅使・院使が京都に帰るにあたって、将軍・綱吉に拝謁する。

 そう、京都から年始の挨拶に来ていた朝廷の使者が帰るので、幕府の役人は城内であたふたしていた。

 留守居役(るすいやく/旗本の最高位)の梶川与惣兵衛頼照(かじかわ・よそべえ・よりてる)は、将軍の正室から勅使・院使への贈答品を贈る使者を務めることになっていた。ところが、勅使・院使の拝謁の時刻が予定より早くなると聞き、江戸城松の廊下で吉良義央を呼び止め、その段取りを立ち話していた。

 すると突然、浅野長矩が吉良を背後から斬りつけてきた。吉良は眉間を斬られ、もんどり打った。梶川は浅野を組み伏せた。「殿中でござる。殿中でござる」という名シーンである。

 目付(めつけ/主に旗本の監視役)数人が事件現場に駆けつけて浅野を隔離し、それぞれ尋問したところ、浅野は「一己の宿意(かねてからのうらみ)をもって前後を忘れてしたことである。いかようにお咎めに仰せ付けられようともご返答できる筋はない」と答え、吉良は「拙者にはなんの恨みを受ける覚えもなく、浅野の乱心と見える」と述べた。

 そこで、吉良を輿に乗せて帰宅させ、浅野長矩は陸奥一関藩主・田村建顕(たけあき)の藩邸に預けられた。

 一関藩邸に大目付(主に大名の監視役)が遣わされ、浅野の即日切腹が言い渡された。

 一方、吉良邸には高家肝煎、および大目付が遣わされ、お咎めなしと伝えられた。吉良義央は3月26日に高家肝煎の辞職を申し出、隠居した。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合