NEW
吉澤恵理「薬剤師の視点で社会を斬る」

「テキーラゲームは自殺行為」医師が警告…しらふの状態から突然、昏睡状態に陥る恐れ

文=吉澤恵理/薬剤師、医療ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

,

「テキーラゲームは自殺行為」医師が警告…しらふの状態から突然、昏睡状態に陥る恐れの画像1
「Getty Images」より

「テキーラゲーム」という言葉がインターネット上を賑わせている。内容は、アルコール度数40%のテキーラ750mlを15分以内に飲み切れば10万円がもらえるというゲームで、チャレンジした女性が死亡したという。

 舞台となったのは東京・恵比寿の高級バーで、そのバーを訪れたことがあるという30代男性は「客の多くは、富裕層や経営者、芸能人などです。恵比寿に限らず、東京の夜の街を遊び慣れた人たちは、盛り上がれば『テキーラ一気飲み』はよくやります。だけど、テキーラを飲みなれた人なら女の子がテキーラを1瓶飲んだら死ぬかもしれないと想像できるだろうし、誰も止めなかったのが信じられません」と首を傾げる。

 予防医療研究協会理事、メディアド代表取締役で精神科医の高木希奈医師に、今回のテキーラゲームについての見解を聞いた。

「テキーラゲームは自殺行為」医師が警告…しらふの状態から突然、昏睡状態に陥る恐れの画像3「急性アルコール中毒は以前からよく問題になっており、特に春の新歓コンパで大学生が一気飲みさせられて死亡したというニュースが時々流れ、世間一般的にも『一気飲みは危ない』という認識が広まっています。急性アルコール中毒は、短時間に多量にエタノールを摂取することで起こる中毒症状で、その症状や重症度は血中のアルコール濃度に比例します。ひどくなると意識レベルが低下し、呼吸状態が悪化、死に至ります」(高木医師)

 大学生やホストの急性アルコール中毒による過去の死亡事例などは、一気飲みによるものが多く、その恐ろしさは繰り返し伝えられてきた。一般にアルコールを飲むと、胃と小腸から吸収され肝臓へと運ばれて分解されるが、どんどん運ばれてくるアルコールをすぐに分解することはできず、分解されなかったアルコールは心臓へと運ばれ、血液の流れによってアルコールは脳にも運ばれ、脳を麻痺させて酔った状態をつくる。

 酔いの程度は、血液の中のアルコール濃度によって6段階(爽快期、ほろ酔い期、酩酊初期、酩酊期、泥酔期、昏睡期)に分けることができる。どの段階も注意が必要であるが、特に昏睡期は命に危険を及ぼすことがあるという。

「アルコール健康医学協会のウェブサイトによると、アルコールの血中濃度が0.41~0.50%になると『昏睡期』と呼ばれます。

・ゆり動かしても起きない

・大小便はたれ流しになる

・呼吸はゆっくりと深い

・死亡

の状態となり、『脳の麻痺が脳全体に広がると、呼吸中枢(延髄)も危ない状態となり、死にいたる』と書かれています。

 この具体的な酒量は、ビール中びん(10本超)、日本酒(1升超)、ウイスキー・ボトル(1本超)となっています。ウイスキーのアルコール度数は約40%ですから、テキーラとほぼ同等です」(同)

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合