NEW

来年、消える第7世代芸人は誰だ?絶好調のEXIT、宮下草薙、3時のヒロインに潜む落とし穴

文=編集部
【この記事のキーワード】, , , ,
来年、消える第7世代芸人は誰だ?絶好調のEXIT、宮下草薙、3時のヒロインに潜む落とし穴の画像1
EXIT プロフィール|吉本興業株式会社」より

 2020年は「お笑い第7世代」の年だった。しかし、栄枯盛衰のお笑い界。このまま軌道に乗る芸人もいれば、消える芸人もいる。そこで、実は今後が危うい第7世代芸人を挙げていこう。

どっちもポンコツ?宮下草薙の現状

 まずは宮下草薙だ。ボケ担当の草薙航基の慌てる様が母性本能をくすぐるのか、ファンからは「かわいい」という声もあるが……。

「一時期、彼はトークスキルも身につけ、自分の“癇癪”をコントロールできるかと思ったのですが、今度は忙しすぎて制御不能状態に戻りつつあります。また、番組内で自宅のゴミ屋敷話をするたびに、嫌悪感を持つ視聴者が急増。要は、ゴミがたまりすぎてロフト部分に暮らしていて、下にゴミを投げつけ、さらにそこに害虫駆除剤を投げつけたり、消臭剤をまいたりしているというものです。いずれにしても、出川哲朗や狩野英孝とは違う“笑えないポンコツ”とも言えるキャラなのです。致命的なのは、自分自身に“笑ってもらいたい”という気質がないところです」(テレビ局関係者)

 さらに、相方の宮下兼史鷹も“方向性”が定まらないという。

「今年初頭、宮下は『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で草薙とのコンビ格差について『解散してピンでやりたい』などと発言し、波紋を呼びました。また、12月1日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)では、おもちゃメーカーからスカウトの話がきていることを明かし、さらに『ちゃんと断ってない』と語り、驚かせていました」(同)

 地元の群馬では、中古のおもちゃ店でアルバイトをしていた宮下。店主も目をつけなかったベイブレードの在庫をきちんと売り場をつくって売ったところ、月に100万円売り上げたという逸話もあるほどだ。そんな宮下のおもちゃ愛と知識を見初めたメーカーから、声がかかったという。

「宮下草薙の“じゃないほう”芸人として注目され、草薙が目立てばいいということを語る宮下ですが、今や“じゃないほう芸人”といっても、コロコロチキチキペッパーズでいう西野創人、ハライチでいう岩井勇気のように、キャラクターが薄くても十分に才能があり、一定の活躍をしている芸人の方が多いのが実情です。

 ただ、宮下の場合は引き立て役ではあるとは思いますが、“じゃないほう芸人”だけでなく、自分が思っているほど“たいしてできない芸人”の部類であることを自覚した方がいいのではないでしょうか。また、在籍する太田プロの養成所時代の成績がトップクラスだったことをたびたび明かしていますが、その片鱗が十分に見えていないのも残念なところです」(同)

 宮下草薙は「第7世代」というくくりの中にあっては異質の存在だけに、すぐに消えるというわけではないだろう。しかし、ブームという“魔法”が消えたとき、「一体なぜ起用しているのか」と、制作側が思いとどまるときが来るかもしれない。

EXITは“令和のとんねるず”になるか?

 12月で結成3周年を迎えたEXIT。今やテレビで見ない日はないが、その絶大な影響力からか、お笑い以外の仕事も次々とこなしている。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合