NEW

来年、消える第7世代芸人は誰だ?絶好調のEXIT、宮下草薙、3時のヒロインに潜む落とし穴

文=編集部
【この記事のキーワード】, , , ,

「3月には歌手デビューを果たしました。コラボしたのは、登録者数310万人を誇る人気YouTuberユニット『スカイピース』と、5人組ダンス&ボーカルグループの『Da-iCE』。それぞれの楽曲は、3月に発売されたEXIT初のCD『EXSID』に収められています」(芸能ライター)

 アーティスト活動だけではない。ファッションの分野にも進出したEXITは、自身の新ブランド「EXIEEE(イグジー)」、ヘアスタイリングブランド「H.W.G.(ハウジー)」、さらにアパレルブランド「ANREALAGE(アンリアレイジ)」とコラボした期間限定ブランド「ANREALAGEXIT(アンリアレイグジット)」を立ち上げている。

「EXITは歌やファッションの他に、演技の仕事も徐々に増えています。お笑いにとどまらない活躍ぶりは、かつてのとんねるずを彷彿とさせます。彼らも、当時お笑い芸人には無縁だったスタイリストをつけ、ブランド服に身を包み、イメージ戦略を展開。彼らが着た服は飛ぶように売れたといいます。まさに、時代の波に乗っていたといえるでしょう」(同)

 しかし、あまりにも“時代と寝すぎる”と、少し外れただけで「古い」と言われてしまう。まさに数年前のとんねるずがそうであったように、EXITもその危険性をはらんでいないわけではない。

 さらに、EXITは多忙なあまり、お笑いへのモチベーション低下も心配される。

兼近大樹は『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)の準々決勝で敗退した後、YouTubeの『EXIT Charannel』の中で観客に対する不満をぶちまけ、「『M-1』って自称お笑いファン、お笑い通ぶったお笑いファンが集まってるじゃないですか』とバッサリ。さらに、『その人たちが“意地でも笑わない”みたいな顔してました』とディスっていました。兼近はこれまでも番組で『この仕事に飽きたら、いつ辞めてもいい』と公言しているように、すっぱり仕事を投げ打ってしまわないか、少し心配ではあります」(前出のテレビ局関係者)

3時のヒロインを上回る、ぼる塾の勢い

 19年の『女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ系)で優勝し、一躍ブレイクを果たした3時のヒロイン。今もなお注目度は高いが、お笑い枠ということで考えると、ぼる塾(本来は4人組)の方が若干勢いがあるだろう。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合