いまや国民病「逆流性食道炎」になりやすい人とは?の画像1
※画像:『胸やけ、ムカムカ、吐き気、げっぷ……それ全部、逆流性食道炎です。』(アスコム刊)

 1990年代、患者数が急激に増え始めた「逆流性食道炎」。いまや3~4人に1人がかかる国民病のひとつとされています。年配者だけでなく、若い人にも増えているため、注意が必要です。


 『胸やけ、ムカムカ、吐き気、げっぷ……それ全部、逆流性食道炎です。』(関洋介著、アスコム刊)によると、


・食事のあと、胸やけがひどい。吐き気がする。
・夜、横になると胃酸がこみ上げてくる。
・たくさん食べると、胃もたれがひどい。
・普段から酸っぱいものがこみ上げてくる。
・のどに圧迫感があって、苦しい。
・しつこい咳に悩まされている。


 このような症状があったら、逆流性食道炎の可能性があるそう。大したことないから、といって油断するのは禁物です。放っておくと食道がんを引き起こすリスクもあるといいます。

 

■こんな人がなりやすい! 逆流性食道炎は現代病


 本書の著者で、逆流性食道炎の外科治療で国内屈指の執刀経験を持つ関洋介医師によると、逆流性食道炎は、胃液の逆流によって胸やけや胃もたれなどが起きてしまう病気。


 胃と食道のあいだのゲート(下部食道括約筋)がゆるむと、胃液や胃の内容物が頻繁に逆流するようになります。さらに、食道の蠕動運動が弱っていたり、腹圧が高くなったり、胃酸過多になると、症状が強く出てしまいます。


・肥満傾向がある。
・脂っこい食事が好き。
・食べ過ぎることが多い。
・お酒をよく飲む。
・辛いものなど刺激の強いものが好き。
・ストレスの多い生活を送っている。
・ピロリ菌を除菌した。
・おなかを締め付ける服装をしている。
・猫背である。


 このような人が逆流性食道炎になりやすいとされています。

RANKING
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合