「Pornhub」不適切動画が一斉削除、国内ビデオメーカーや女優も安堵のワケの画像1
Pornhub公式サイトより

 世界最大の成人向け動画投稿サイト「Pornhub」上で14日、数十万本の動画が削除された。15日、日米のTwitterでは「Pornhub」がトレンド入りした。同サイト上の動画をめぐっては、コンテンツの違法アップロードの懸念に加え、リベンジポルノや児童のわいせつ動画が配信されている可能性が指摘されていた。米ニューヨークのウェブメディア「Viceは14日、同サイトで記事『Pornhub Just Purged All Unverified Content From the Platform』を公開。Pornhubが承認していないユーザーによるコンテンツがすべて削除されたことを伝えた。

女性の人権保護団体のロビー活動でカード決済が停止

 同記事によると、今回の動画削除措置はPornhubでMastercard、Visaの決済が停止されたことが決定打になったという。女性の人権侵害と児童性的搾取の危険性を訴え、米国内の女性人権団体「National Center on Sexual Exploitation」と「Exodus Cry」がクレジットカード決済会社などにロビー活動を実施して圧力をかけ、動画を削除するよう促したようだ。こうした動きに対し、Pornhubは以下のように見解を表明している。同記事から引用する。

“The two groups that have spearheaded the campaign against our company are the National Center on Sexual Exploitation (formerly known as Morality in Media) and Exodus Cry/TraffickingHub. These are organizations dedicated to abolishing pornography, banning material they claim is obscene, and shutting down commercial sex work. These are the same forces that have spent 50 years demonizing Playboy, the National Endowment for the Arts, sex education, LGBTQ rights, women’s rights, and even the American Library Association. Today, it happens to be Pornhub.”

(当社に対するキャンペーンの先頭に立った2つのグループは、国立芸術基金とExodus Cry / TraffickingHubは、ポルノの廃止、わいせつと主張する素材の禁止、閉鎖に取り組んでいる組織です。これらはプレイボーイ誌(のヌード)、国立芸術基金、性教育、LGBTQの権利、女性の権利、さらにはアメリカ図書館協会のデモに50年間を費やしたのと同じ勢力です。今回、そのターゲットがPornhubになったのです)

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合