NEW
長谷川高「“ガラガラポン”の時代を生き抜くための経済・投資入門」

私が騙された“元経産省・ハーバード卒”詐欺師の手口…投資の「儲け話」は詐欺の証し

文=長谷川高/長谷川不動産経済社代表
【この記事のキーワード】

, ,

私が騙された“元経産省・ハーバード卒”詐欺師の手口…投資の「儲け話」は詐欺の証しの画像1
「Getty Images」より

不景気になると詐欺的な話が増えてくる

 景気が悪くなってきました。そうすると必ず増えてくるのが詐欺師と詐欺的なうまい話です。一般的には、そんな輩や話に引っかかることはないと思われるかもしれませんが、いまだ古典的な「M資金」に有名経済人が乗ってしまうことからわかるように、現実の詐欺話は実に巧妙なものが多いのです。近年では、若者が若者を都心のカフェ等で詐欺的商法に勧誘しているのをよく見かけます。誠に残念なことです。今や新宿や赤坂、六本木等のカフェに行くたびに見かけることができます。

ある天才的詐欺師の話

私が騙された“元経産省・ハーバード卒”詐欺師の手口…投資の「儲け話」は詐欺の証しの画像2
『不動産2.0』(長谷川高/イースト・プレス)

 さて今回は、まず最初に、かつて私自身も騙されそうになったプロの詐欺師の話をご紹介したいと思います。

 不動産業界に四半世紀以上おりますと、詐欺師的な人には何度となく会ったことがあります。詐欺的な「プロジェクト」を含めれば相当な数に……。しかし、大体が詐欺的な話は、常にうま過ぎる何かが存在しますし、また、そういったものを持ち込む方の顔や目つきは、やはりどこかおかしいものです。よって、個人的には、そういった「うまい話」にはひっかからないと自信があったのです、が。

突如披露宴に現れた元経産省・ハーバード卒

 以前、後輩の結婚式にお招きいただき、ある地方都市に行ったことがあります。その友人から事前に「式の時の長谷川さんの隣は鷹林さん(仮名)が座りますので、ぜひ名刺交換してください」と言われていました。この鷹林氏はその地方都市の名家に生まれ、京都大学を出て経産省に入り、米ハーバード大学大学院に留学しMBAを取得。その後、会社を起業するために経産省を辞めた事業家であり、当時日本に進出してきた米国系大手企業専門の経営および建築コンサルタント会社を経営しているということでした。私の友人は、鷹林氏とあることで知り合い、偶然出身地が同じであったため意気投合し、さらには同氏に気に入られすでにいろいろと仕事をもらっているというのです。友人は設計事務所を経営しており、鷹林氏がもってくる外資系企業の東京本社ビル計画や箱根の迎賓館建設計画等のプランを入れているとのことでした。「随分すごい人と知り合ったな! ぜひ名刺交換させてもらうよ。ありがとう!」と。当時、不動産バブル崩壊により、景気はドン底で、久しぶりに聞く景気の良い話でした。

 しかし、式が始まっても鷹林氏の席だけが空席のままです。「忙しい人だから遅刻かな」と思っていると、フランク永井のような声で「遅れてすみません」と突如現れました。まさに見るからに品のある元エリート官僚といった感じの紳士でした。銀座の英國屋で仕立てたようなスーツにネクタイ。特にネクタイが七色に輝いていたのをよく覚えています。また、経産省を若くして飛び出す起業家としての「胆力」も、その体と顔つきに感じられました。「これはすごい! 確かにすごい人物だ!」。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合