スタバ、ドトール、コメダ…カフェチェーン5社の商品&選び方をコーヒー芸人が全解説の画像1
コーヒールンバの平岡佐智男さん

 リモートワークの普及に伴い、出社せずにカフェで仕事をする人も増えた今。どのチェーン店に行こうかと、頭を悩ませることもあるのではないでしょうか。カフェ選びの条件には「Wi-Fi」「電源」「駅近」などいろいろありますが、せっかくカフェに行くのなら、肝心のコーヒーの味も気にしたいところ。

 そこで、つい先日の『ワケあり!レッドゾーン』(読売テレビ)にも“コーヒー芸人”として登場したコーヒールンバの平岡佐智男さんに、コーヒーチェーン5社のホットコーヒーの味比べをしてもらいました。

 平岡さんは、芸人になる前は大手コーヒーチェーン店に勤務し、3店舗の店長を経験するなど、コーヒー全般に精通。その経歴を買われ、現在はスペシャルティ・コーヒー専門店「猿田彦珈琲」の広報としても活動している、異色の芸人です。

カフェチェーン5社のホットコーヒーを飲み比べ

スタバ、ドトール、コメダ…カフェチェーン5社の商品&選び方をコーヒー芸人が全解説の画像2

 今回、飲み比べていただいたのは、ビジネスパーソンご用達のスターバックスドトール、コメダ珈琲店、タリーズ、サンマルクカフェの5店。それぞれ一番小さいサイズのホットコーヒーをセレクトし、味の特徴や利用シーンなどについて聞きました(価格は税込み)。

●サンマルクカフェ「Mブレンド」(270円)

スタバ、ドトール、コメダ…カフェチェーン5社の商品&選び方をコーヒー芸人が全解説の画像3

「深煎りながら、ややマイルドなブレンドです。香りも味も、濃厚で甘さを感じます。僕はよくパソコン作業をするときにサンマルクに行くので、この香りをかぐと、どこか安心しますね。やや抑えめの苦みと深いコクは、サンマルク自慢のスイーツやパンとの相性を考えての味なのだと思います。仕事をするカフェとしてもいいですが、友だちとの楽しいコーヒータイムにも最適でしょう。甘いものが食べたいときに、ゆっくりと飲みたい1杯です」(平岡さん)

●コメダ珈琲店「コメダブレンド」(550円)

スタバ、ドトール、コメダ…カフェチェーン5社の商品&選び方をコーヒー芸人が全解説の画像4

「サンマルクと同様に深煎りのコーヒー豆を使っていますが、こちらはよりコクとキレのあるストロングな味わいです。しっかりとした主張があるので、まさに目が覚める1杯といったところです。大事な商談前や、集中して作業したいときなどにオススメのコーヒーですね。

 コメダは松竹芸能の劇場の近くにもあるので、深夜の稽古終わりによく行きます。そのときは、通常の1.5倍の『コメダブレンド たっぷりサイズ』を頼むことが多いですね。また、コメダは席の仕切りが高くパーソナルスペースを確保しやすいので、会社では話しにくい相談や込み入った話などをする場所としても有効利用できます」(同)

●ドトールコーヒー「Sブレンドコーヒー」(220円)

スタバ、ドトール、コメダ…カフェチェーン5社の商品&選び方をコーヒー芸人が全解説の画像5

「口に含んだときに香りと甘さが残るスッキリとした飲み心地で、どなたでも楽しんでいただきやすいコーヒーです。前の日に飲みすぎてしまったな、というときでも、ゴクゴク飲めます。また、冷めても味や飲みやすさが変わらないのは、さすがの一言です。特筆すべきは、やや小ぶりなサイズ感。他のチェーン店と比べて一回り小さいので、持ちやすいですし、待ち合わせ前の時間潰しなどにもピッタリです。飲み残してしまうこともありません。これぞ、手軽に飲めるカフェチェーン店のコーヒー。仕事の前の1杯として飲みたいですね」(同)

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合