日本人と「トップダウン」は相性が悪い!? モチベーションを高める「話の聞き方」の画像1
※画像:『成功している人は、なぜ聞き方がうまいのか?』(日本文芸社刊)著者の八木龍平さん

 コミュニケーションが上手く、相手の能力を引き出せる人は「聞き方」が上手だと言われることが多い。


 では、どんな「聞き方」が良いのだろうか?


 それは相手に対しての共感は必要なく、質問をしなくてもいい。ただ、黙って話を聞いている。それが相手の気持ちや考えの整理、そして成長につながるというのだ。


 今回は『成功している人は、なぜ聞き方がうまいのか?』(日本文芸社刊)を上梓した社会心理学者の八木龍平さんにお話をうかがい、「聞き方」の極意について教わった。


 ここでは、話を聞いている側の反応の仕方やリーダーシップとモチベーションについてお話を展開してもらった。
(新刊JP編集部)

 

■日本人のリーダーは「空っぽ」でいい? 人材を成長させる「聞く」極意とは


――本書には聞く力を高めると、相手の根源的欲求を引き出すことができると書かれていました。これは相手にどんどん話をしてもらうことで、より深い本音が出てくるというイメージで良いですか?


八木:そうですね。根源的欲求は奥底に眠っています。それを引き上げるためには、まずは浅い部分にある本音を一通り出していき、それが終わったら湧き上がってくるという感じですね。


――浅い本音と深い本音は違うものなんですか?


八木:例えば、何か願望はありますか?と聞かれたら、誰もが「お金が欲しい」とか「素敵な恋人がほしい」と言いますよね。これは浅い本音というか、誰もが分かっているような願望です。


 でも、人間には個性というものがあって、人生を重ねる中で大事に育ててきた哲学みたいなものがあるわけですよ。仲間を大切にしたいとか、その人特有の願望が出てきたら、それは深いところにある本音なんです。でもそれはいきなり話をしても出てこない。


――その人のことを掘り下げていって初めて出てくる本音ということですね。


八木:そうですね。そうして出てくる根源的欲求って意外と綺麗事だったりすることがすることがあって、建前とよく似ていたりするんですよ。


――では、相手の話を聞いているときってどんな反応をしていればいいのでしょうか? いろいろ返し方はあると思いますが、前半でお話をしていた「分からない状態」の中でどんな反応をすればいいのかなと。


八木:極論を言うと、相手に意識を向けているだけでいいんです。あなたに興味・関心を持っているよと言えばいい。特別に何かしないといけないということは、実はないんです。


――相手に意識を向けているよという示し方について、具体的なものってありませんか?


八木:例えばあいづちを打ったり、合いの手を入れたりというのは一つあるでしょう。本書では「さしすせそ」なんて書きましたけれど、「さすがですね」「知らなかった」「すごいですね」といった合いの手を入れていくことで、相手は「聞いてくれているんだな」という気持ちになります。ただ、実はあいづちにしても合いの手にしても、その言葉そのものにはあまり意味はないわけです。


――確かにあいづちって意味のある言葉ではないですね。


八木:あいづちは相手の話の続きを引き出しているんです。相手が話しやすいテンポやリズムを作る技術があいづちだったりする。


――なるほど。


八木:でも、極論を言えば、自分自身が本当に相手に意識を向けていれば、その技術関係なく、相手は話をしてくれるはずです。


――相手が自分に対して意識が向いているか向いていないかって、分かります。それで、意識が向いていればちゃんと話しますし。


八木:(笑)この人、明らかに話を聞いてないなと思う時ってありますよね。そうしたら気力が折れてしまう。

RANKING
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合